フリーワード検索

おすすめタグ

2015.01.07 10:54

イ・ミンホ、撮影中に ERに駆け込んだ?!“並外れた俳優魂”


 
6日午後、ソウル・永登浦TIMESQUAREにて映画「江南1970」のレッドカーペット及びショーケースが行われ、ユ・ハ監督を始め主演を務めたイ・ミンホ、キム・レウォン、チョン・ジニョンが出席した。
 
この日のショーケースでは撮影期間中の過酷なエピソードが話される中、イ・ミンホが撮影中に怪我をし、ER(救急救命室)に駆け込んでいたことが明らかになった。
 
本映画一番のクライマックスである雨が降る中泥まみれでの乱闘シーンについてユ・ハ監督が「7日間もの間(泥の中での乱闘シーン)撮影を続けた結果、俳優たちが次々に皮膚病にかかり保健所に皆を連れて行った」と語り、続けてイ・ミンホは「(自分は保健所には行かず)救急救命室に行った」と語った。


 

 
先立って12月に行われた制作報告会でもイ・ミンホ「(撮影中に)足の爪が剥がれてしまった。次の日は鎮痛剤を打って撮影に挑んだ」などのエピソードを明らかにしていた。
 
映画関係者によるとイ・ミンホはそれ以外にもいくつかの負傷をしていたが、撮影をしていればこの程度の負傷は当然のこと。周りにはあまり知らせたくないと語っていたと言い、制作報告会でもショーケースでも怪我についての質問が上がったものの多くは語らず、イ・ミンホの俳優としての情熱が垣間見えるものとなった。

 
 
イ・ミンホ、キム・レウォン主演の「江南1970」は、1970年代ソウル、開発が始まった江南の土地を巡って二人の男の欲望と義理、裏切りを描いたユ・ハ監督の通り三部作完結編。今月1月21日に公開予定だ。
 

 


特集