フリーワード検索

おすすめタグ

2014.02.13 03:02

イ・ミンギ&キム・ゴウン、“ 血まみれの演技、本当に大変だった”

13日午前、ソウル・ロッテシネマ建大入口にて映画「モンスター」制作報告会が行われた。制作報告会にはファン・イノ監督、そして主演のイ・ミンギ、キム・ゴウンが出席した。
 
三泊四日間の間、血なまぐさ漂う撮影現場でアクション演技を繰り広げたイ・ミンギとキム・ゴウンは当時の辛い状況を語った。ファン・イノ監督は「狭い空間で二人が会い、終わらせないといけない映画のクライマックスとなるシーンで、三泊四日続いた。蒸し暑かったのにも関わらずエアコンを切らざるを得ない状況だった」と当時の様子を語った。
 
また「血がべっとりと顔についていると肌に染みてトラブルが起こる。血まみれになって三泊四日間待機しながら撮影を行った。洗うことも出来ず、とても辛かったと思う」と語り、俳優達に感謝の気持ちを表した。
 
イ・ミンギは「僕の記憶では五泊六日だったように思う。ゴウンさんが本当に辛かっただろう。睡眠時間もそうだが、アクションが多かったので怪我もあった。本当に大変な時間だったと思う」と改めて当時の状況を語った。
 
続けて「実はゴウンさんと撮影時に会うことがあまりなかった。ストーリー上それぞれが追撃の末に出会うというものだったのだが、その時一緒に過ごしたことが本当に思い出される」と話した。
 
「モンスター」は冷酷な殺人鬼テス(イ・ミンギ)と彼に妹を殺された女ポクスン(キム・ゴウン)の猛烈な追撃を描いた作品で3月13日公開予定。
 

特集