フリーワード検索

おすすめタグ

2021.11.08 18:00

ユ・スンホ×Girl’s Dayヘリ主演『花が咲けば、月想い』、韓国12月20日放送スタート!

ユ・スンホ、ヘリ、花咲けば月想う

 

[韓国エンタメニュース]

 

KBS 2TV新月火ドラマ『花が咲けば、月想い』が12月20日に放送スタートする。これと共にユ・スンホ、ヘリ(Girl’s Day)、ピョン・ウソク、カン・ミナなどの台本リーディング現場が公開され、期待を高めた。

 

『花が咲けば、月想い』は歴史上最も強力な禁酒令の時代、密造酒を取り締まる原則主義の監察とお酒を作って人生を変えようとする密造酒を作る女性のハラハラする追撃ロマンスだ。

 

厳酷な禁酒令が下された朝鮮後期を背景としたフュージョン時代劇で、これまで扱われなかった禁酒令時代の物語を描く。新鮮な素材を基にストーリーが展開するという点でキャスティング当時からドラマファンの関心が集まっていた。また、ドラマ『月桂樹洋服店の紳士たち』『ドクタープリズナー』など様々なジャンルでセンス満点の演出力を誇るファン・インヒョク監督が新しく披露する作品という点も視聴者が今作を期待する理由だ。

 

公開された台本リーディングにはファン・インヒョク監督と脚本家キム・ジュヒをはじめ、ユ・スンホ、ヘリ、ピョン・ウソク、カン・ミナ、チェ・ウォンヨン、チャン・グァン、イム・ウォニ、キム・ギバンなどドラマを作り出す俳優たちが総出動し、エネルギーと情熱を燃やした。

 

原則主義者である朝鮮最高の監察“ナム・ヨン”に変身するユ・スンホは、瞬く間に慎重かつ力のある言葉遣いでキャラクターに完璧になりきり、感嘆を誘った。またユ・スンホは「禁酒令という素材に惹かれた」と作品への出演理由を説明した後、「キャラクターたちの関係性が面白い。楽しく見られる完璧なドラマが誕生しそうだ」と自信を示した。

 

借金のため密造酒を作り始める朝鮮版ガールクラッシュ“カン・ロソ”としてドラマの中心に立つヘリは、彼女ならではの明るいエネルギーで現場の雰囲気を盛り上げた。

 

密造酒を取り締まる監察と密造酒を作る女性、出会ってはいけない関係で結ばれるユ・スンホとヘリは始まりから特級のケミを誇り、彼らの“ギリギリ”なロマンスへの期待をさらに高めた。

 

恋に落ちたアルコール中毒の王世子“イ・ピョ”、好奇心旺盛な朝鮮最高の美女“ハン・エジン”に変身するピョン・ウソクとカン・ミナは、キャラクターのように弾ける魅力を誇りエネルギーを吹き込んだ。

 

さらに、主人公4人と共に演技の匠たちの活躍も輝いた。チェ・ウォンヨン、チャン・グァン、イム・ウォニ、キム・ギバンなどベテラン俳優たちは撮影現場を彷彿させながら中心をしっかりと掴んだ。ユ・スンホ、ヘリなどは「先輩たちがドラマの柱」と語り、ベテラン俳優軍団の熱血シナジーも期待させた。

 

ピョン・ウソク、カン・ミナ、花咲けば月想う

 

一方『花が咲けば、月想い』は、韓国にて12月20日より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:『花が咲けば、月想い』文化産業専門会社、モンスターユニオン、ピープルストーリーカンパニー

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

ドラマ「花が咲けば、月想い」関連記事を読む

 

ユ・スンホ関連記事を読む
ユ・スンホ関連商品を見る

 

ヘリ関連記事を読む
ヘリ関連商品を見る