フリーワード検索

おすすめタグ

2020.07.27 17:00

大人の韓国+han暮らしまわり通信 ~木蓮商店編~

 

大人の韓国 +hanは衣食住にわたって韓国にまつわる暮らしまわりをご紹介しています。

今年のあたたかい春の日から「木蓮商店のうつわ」の販売がスタートしました。
木蓮商店はソウルにあるうつわのセレクトショップ。
母と娘が2人で営む小さなお店ですがたくさんの方に支持されている憧れのストアです。
店主のキム・ギュリさんが選ばれショールームに並ぶうつわの中のほんの1部ですが、+han のオンラインストアでご紹介しています。韓国の陶磁器を日本の暮らしにも取り入れていただきたくて!

韓国陶磁器というと白磁や青磁といった高価で美術品のイメージを持たれておられるかもしれません。いえいえ、そんなことはありません。日本にたくさんのうつわの産地があり作家さんがおられるように、韓国も同様に利川(イチョン)・広州(クァンジュ)・驪州(ヨジュ)などやきものの町がありたくさんの作家さんが日々制作されているんですよ。

 

 

日本の益子・備前・信楽・唐津焼や北欧の食器のように韓国のうつわも日本の食卓で皆さんにお使いいただけたらどんなにうれしいことでしょう!
そんな思いを抱いた時、木蓮商店さんのことを偶然に知ったのです。パズルのようにカチッとはまるとそこからは猛スピード!キム・ギュリさんと木蓮さんのうつわへの片思いはつのり、そして幸せなことに現在に至ります。
※+hanサイトより「木蓮商店さんのこと」をご参照ください。

うつわは楽しいですね。もちろん料理をのせていただくという実用品でもありますが、好きなうつわを探し集め使うことで暮らしに豊かさを与えてくれます。
また不思議なものでお気に入りのうつわに盛りつけると美味しく見え、丁寧に大切に扱っている自分がいます。私も今ひとつひとつ木蓮商店のうつわを楽しみながら集めているところです。
韓国の土で作られたうつわを使うことで韓国の風や光を感じ、愛着がどんどん湧いてきています。
できることなら木蓮商店さんを買い占めたいほどです。

 

 

6月にオンマ(お母さん)になられたギュリさん。
日本にもワーキングホリデイで来られ高円寺に住んでおられたのです。
日本の映画や雑誌、ドラマも大好きで木蓮商店のお店には「人生フルーツ」のポスターが貼られビックリしたことがありました。

木蓮商店のうつわのように素朴であたたかく奥ゆかしく…誠実で優しさにあふれ本当に勤勉な女性キム・ギュリさんが選ばれた韓国のうつわを日本の方々にご紹介できる幸せをかみしめています。

暮らしに取り入れてくださるととてもうれしく思います。

季節ごとにくださるギュリさんからのお便りの第2便が届きました。こちらもどうぞご覧ください。

 


>>連載「大人の韓国+han暮らしまわり通信」バックナンバーを見る

 


>>大人の韓国+hanオンラインショップはこちら


特集