フリーワード検索

おすすめタグ

2020.02.07 01:15

韓流ブーム再来!? 2020年2月の大注目韓国映画!!

オリンピックイヤーの2020年の幕開けがつい昨日のようですが、あっという間に2月…。

今回は韓国映画に俳優、そしてアイドルも大大大好き!!
好きなことはとことん深く…そんなオタク気質(←)なスタッフが語る2020年2月の注目韓国映画!

日本だけでなく世界中で大ヒット、韓国ブーム再来の火付け役といっても過言ではない!?
カンヌ受賞作『パラサイト 半地下の家族』!!私も先日観て来たのですがとっても良かったのでこの波に乗って(?)韓流オタクならではの視点で大流行中の『パラサイト』をご紹介!!

そして…『パラサイト』以降、再び韓国映画に焦点があたり大きな話題になっている日本で、個人的にさらに公開が楽しみな作品が…!
アイドル好きの皆さんは既にチェックをされているのではないでしょうか!
韓国で大ヒットを記録した『神と共に』二部作へ出演、俳優としても目まぐるしい活躍をしているKPOP界のトップアイドルEXOのD.O.ことド・ギョンス主演、2/21に公開を控える『スウィング・キッズ』!

今日は2020年2月現在公開中×2/21(金)公開予定の作品の2本仕立てにてお送りします?
記事の最後には2020年2月に使えるシネマート映画観賞券が当たる素敵なプレゼント企画がありますので、どしどし応募してくださいね♪

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第72回カンヌ国際映画祭にて韓国史上初、最高賞「パルムドール」を受賞した鬼才ポン・ジュノ監督の最新作!

『パラサイト 半地下の家族』

パラサイト半地下の家族, parasite, ポン・ジュノ, ソン・ガンホ, チェ・ウシク

【韓国公開】2019.5.30
【日本公開】2020.1.10

日本で公開されるやいなや、総動員数70万人超えの大ヒットを記録。
(韓国映画を全く見ない友人からも「パラサイト観た。。すごかった!!!」と連絡が来るほど!!)

【あらすじ】
過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン… しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“ 半地下住宅”で 暮らす貧しい4人家族だ。
「僕の代わりに家庭教師をしないか?」受験経験は豊富だが学歴のないギウは、ある時、エリート大学生の友人から留学中の代打を頼まれる。“受験のプロ”のギウが向かった先は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす高台の大豪邸だった——。パク一家の心を掴んだギウは、続いて妹のギジョンを家庭教師として紹介する。更に、妹のギジョンはある仕掛けをしていき…“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“ 高台の豪邸”で暮らすパク一家。この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく——。
(出典:『パラサイト 半地下の家族』公式サイト)

【出演】ソン・ガンホチャン・ヘジンチェ・ウシクパク・ソダムほか

【韓国ツウによる見どころ】
・ポン・ジュノ監督のこだわり
ポン・ジュノ監督は、現代社会の問題を提起し、その問題に直面した人間の入り混じる心理や感情を独自のユーモアセンスを交えながら、繊細かつ緻密に描く…そんな印象を(勝手に)持っているのですが、今回も!!そんなポン・ジュノ監督の独特な感性が節々から感じられ、最後まで結末の読めない展開でハラハラドキドキ楽しませてくれる、そんな見どころたっぷりの映画となっています!

・俳優陣の演技力

そして本作で注目していただきたいのが、出演者たちの「表情演技」

ベテラン俳優のソン・ガンホ、イ・ソンギュンを筆頭に、脇を固めるキム家の母チャン・ヘジン、息子チェ・ウシク、娘のパク・ソダムまで。物語が進むにつれて俳優陣の目や顔の表情に引き込まれ、先の読めない展開に、より一層の緊迫感を与えてくれています。

パラサイト半地下の家族, parasite, ポン・ジュノ, ソン・ガンホ
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

・映画でよく見る!韓国あるある ~豪邸は坂の上にある説~
韓国の豪邸ってなぜか坂の上のあるイメージありませんか…?

今回もかなり急な坂の上に家が建っており、「おお~~やっぱり!!!」とドヤ顔で見てしまいました。笑
半地下の家に住んでいるキム家、高台に豪邸を構えるパク家。ここのコントラストも面白いですよね。

・飯テロパラダイス、、試さずにはいられない韓国グルメ
劇中に出てくる「チャパグリ」 映画を見た方は試された方も多いのではないでしょうか!笑

チャパグリとは…韓国のインスタント麺2種類を贅沢にも混ぜて作ったもの!
ピリ辛味のノグリ麺の汁を捨て、ジャージャー麺味のチャパゲティ(汁なし)をミックス!
すると…ピリ辛×ジャージャー麺の香ばしさも相まって飽き知らずのスーパー食が完成!
(辛いものが苦手な方はノグリ麺マイルド味で試してみてくださいね♡)

そして!ポン・ジュノ監督ファンの皆さまに朗報です!!
期間限定でポン・ジュノ監督の歴代作品をシネマートさんでたっぷり堪能できるチャンスが!!

シネマートさんが送るポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』公開記念 鬼才ポン・ジュノの世界
シネマート新宿・心斎橋にて下記日程にて特別上映!

シネマート新宿  1/31(金)~2/13(木)
シネマート心斎橋 2/7(金)~2/19(水) ★3/6(金)~3/19(木)追加上映

上映作品:
『ほえる犬は噛まない』(2000年)
殺人の追憶』デジタルリマスター版(2003年)
母なる証明』(2009年)
スノーピアサー』(2013年)

社会情勢を色濃く反映し、それに翻弄される人間心理…どの作品もポン・ジュノ監督にしか出せない独特の世界観を味わうことの出来る作品ばかり。
『殺人の追憶』『スノーピアサー』はパラサイトでキム家の父を演じるソン・ガンホが主演を務めており、パラサイトとの対比をしても面白そうですね!

ポン・ジュノ監督ファンにはたまらないシネマートさんの特集企画!
是非チケット鑑賞券プレゼントに奮ってご応募くださいね!
私も週末と祝日に何か観に行こうかな~~と目論んでおります!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて!2作目は2/21(金)に劇場公開を控えているこちら!!
近年よく耳にする言葉「演技ドル」(演技+アイドルの造語)としてドラマだけでなく映画界へも進出し高い演技力を披露している我らがD.O.ことド・ギョンス主演、人気ミュージカル「ロ・ギス」原作の映画!その名も…

『スウィング・キッズ』

スウィング・キッズ, SwingKids, EXO, D.O., ディオ, エクソ
(C) 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

【韓国公開】2018.12.19
【日本公開】2020.2.21

【あらすじ】
1951年。朝鮮戦争当時、最大規模の巨済(コジェ)捕虜収容所。新しく赴任した所長は収容所の対外的なイメージメイキングのために、戦争捕虜たちによるダンスチーム結成プロジェクトを計画する。収容所で一番のトラブルメーカー ロ・ギス、4か国語も話せる無認可の通訳士 ヤン・パンネ、生き別れた妻を捜すために有名になることを望み、愛に生きる男 カン・ビョンサム、見た目からは想像できないダンスの実力を持った栄養失調の踊り手 シャオパン、そして彼らのリーダーであり元ブロードウェイのタップダンサー ジャクソンまで、紆余曲折の末、一堂に会した彼らの名前はスウィング・キッズ!それぞれ異なる事情を抱えてダンスを踊ることになり、デビュー公演が目前に迫っていた。国籍、言葉、イデオロギー、ダンスの実力、全てがちぐはぐな寄せ集めダンスチームは前途多難でしかないが…。(出典:『スウィング・キッズ』公式サイト)

【出演】ド・ギョンス(D.O.), ジャレッド・グライムス, パク・ヘス ほか

【韓国ツウによる見どころ】
奇想天外の構成
ポスターを見るとコメディ要素の強い明るい映画なのかな…と思いますが、実は朝鮮戦争の歴史を色濃く描いている映画で、メインとなるダンスチームも捕虜たちで構成されているんです。戦争という辛く悲しい歴史に、あえて楽しいイメージで溢れるダンスを融合させ、人種差別や思想対立といったヘビーな内容をダンスを通して乗り越えていく今までにないストーリー展開に魅了されること間違いなし!

スウィング・キッズ, SwingKids, EXO, D.O., エクソ, ディオ
© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS

・豪華すぎる!!!たまらない配役たち。
主演に抜擢されたのは大人気KPOPアイドル、EXOのメインボーカルD.O.!うっとりしてしまう程の素晴らしい歌唱力にキレッキレのダンス、さらには演技まで!様々なジャンルでファンを魅了しているマルチアイドル!そんなD.O.は役作りのために髪を丸刈りに。さらには北朝鮮の方言やタップダンスを5か月もの間猛特訓したとのこと。

そんな彼を支えるダンス集団のリーダー、米軍のジャクソン役を演じるシャレッド・グレイムスはなんとブロードウェイミュージカルのダンサー!!!なんて…なんて豪華な配役……!

悲劇の歴史と明るく楽しいタップダンスの組み合わせによりどのような感動が生まれるのか…。
シネマートさんでは2/21(金)公開となりますので是非足を運んでみてくださいね!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大人気公開中の『パラサイト 半地下の家族』、そして公開が楽しみな『スウィング・キッズ』まで、
韓国映画のブームの再来を感じさせるほど2020年も韓国映画の豊作の年になりそうですね!!!

DVD等で見るのもいいですが、劇場に足を運び大画面の迫力を味わうのも映画の醍醐味。
KOARI会員の皆さまも是非韓国映画に浸ってみてはいかがでしょうか♡


シネマート 2月 映画観賞券プレゼントイベント!

【プレゼント商品】
シネマート新宿/心斎橋 映画鑑賞券(2020年2月分)
【プレゼント人数】 
計20名様(抽選)
A.ペア鑑賞券:10名様
B.おひとりさま鑑賞券:10名様
・ご利用可能期間は2020年2月中となります。
・指定のご利用期間内にシネマート新宿/心斎橋にてご利用いただけます。

【応募方法】
STEP1:KOARIのTwitterアカウント(@koari_korea)をフォローし、この記事を紹介しているツイートをRT(リツイート)!
STEP2:そのツイートに、「#映画観賞券プレゼント」 と、「ご希望の商品 (ペア鑑賞券orおひとりさま鑑賞券)」を記載の上、返信(リプライ)を送ってください♪ 

※応募締め切り:2020/2/12(水) 正午まで!
※当選者の方へのみTwitterのDMにて個別にご連絡を差し上げます。

たくさんのご応募お待ちしております^^

 

 韓国映画 関連商品をみる

 


過去の韓国映画ボックスオフィスランキングを見る>>


KOARIスタッフおすすめ韓国映画&ドラマ特集コラムを見る>>

(最終更新日:2020年3月2日)

特集