フリーワード検索

おすすめタグ

2021.04.22 16:00

ソ・イングク×イ・スヒョク主演『パイプライン』、韓国5月公開!

ソ・イングク、イ・スヒョク、パイプライン

 

[韓国エンタメニュース]

 

韓国初の原油を素材とした犯罪娯楽映画『パイプライン』が5月に公開を確定した。

 

本日(22日)、公開の知らせと共に公開された『パイプライン』1次ポスターは、原油を盗むために作った地下の作業室を背景に人生逆転を夢見る盗人たちの徹底したチームプレイを予告し、注目を集める。

 

綺麗な身なりとは違ってハンマーを持って汗を流しながら作業する韓国の採掘技術者ピンドリ(ソ・イングク)の姿から、危険な原油を盗む作戦の計画を立てた大企業の後継者ゴヌ(イ・スヒョク)、実力よりは言葉が先に出る溶接技術者ジョプセ(ウム・ムンソク)、そして命を懸けねばならない危険な作戦に巻き込まれたプロの盗人の姿はこれから繰り広げられる映画のストーリーに対する好奇心を刺激し、予備観客たちの期待を高める。

 

今作は韓国初の“原油を盗む犯罪”という新鮮な素材とソ・イングク、イ・スヒョク、ウム・ムンソク、テ・ハンホ、ペ・ダビンなどスクリーンとブラウン管を行き来しながら多様な作品で並々ならぬ存在感を誇ってきた俳優たちが一つの作品で集まった話題作だ。『マルチュク青春通り』などを演出したユ・ハ監督の久しぶりの新作でもある。

 

一方『パイプライン』は、韓国の土地の下に隠された数千億の油を盗んで人生逆転を夢見る6人の盗人、彼らが繰り広げるチームプレイを描く。韓国にて5月公開予定だ。

 

 

写真提供:MEGABOX中央プラスM、リトルピクチャーズ

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

ソ・イングク関連記事を読む
ソ・イングク関連商品を見る

 

イ・スヒョク関連記事を読む
イ・スヒョク関連商品を見る