フリーワード検索

おすすめタグ

2018.11.26 12:01

シン・ウォンホ(CROSS GENE)、KEN(VIXX)、イ・ジフン出演ミュージカル『狂炎ソナタ』東京公演 レポート公開!

韓国ミュージカル『狂炎ソナタ』
シン・ウォンホ(CROSS GENE)KEN(VIXX)イ・ジフン
奇跡のコラボレーションで熱演!
美しい曲を完成させるため、辿りついた結末に驚愕と号泣必至!
【20181123日(金・祝)東京公演レポート】

狂炎ソナタ,シン・ウォンホ,ケン,イ・ジフン

[韓国エンタメニュース]

2017年初演と同時に韓国内で興行旋風を巻き起こしたミュージカル『狂炎ソナタ』(読み:カンヨムソナタ)。
11月23日(金・祝)、ヒューリックホール東京(東京都千代田区)にて、待望の東京公演が上演された。

『狂炎ソナタ』は、殺人を通して得るインスピレーションで世の中にない美しい音楽を完成させていく狂気的な作曲家“J”と、自身の成功のためJを破滅に導くクラシック界の著名な教授“K”、Jの音楽的ミューズであり幼馴染で、生まれつき天才的才能を持った作曲家“S”、3人の音楽家たちの物語。

“J”役にはシン・ウォンホ(CROSS GENE)、“S”役にはKEN(VIXX)、“K”役にはベテラン俳優イ・ジフンが出演し、観客を魅了した。

CROSSGENE,VIXX,Ken,シン・ウォンホ

グロリア・アルティス勲章を受章した作曲家Jは、クラシック界の著名な教授Kに選ばれ、前作を超える曲を書くべく過していたが、Kから突きつけられるのは冷ややかな酷評ばかりで辛い日々で送っていた。

ある夜、つのる焦操感から深酒をしてしまい、泥酔状態で交通事故を起こしてしまったJ。リアルな“死”から、何かに取り付かれたように「狂炎ソナタ」の第1楽章を一晩で書き上げ、Kから賞賛を浴びる。そして、Jの作曲の秘密を知ったKは、曲を完成させるため彼をそそのかし更なる悲劇を重ねていく。天才的作曲家である幼馴染のSの心配の声もJには届かない…。

CROSSGENE,VIXX,Ken,シン・ウォンホ

努力家のベートーベンと重なるJを演じたシン・ウォンホは、CROSS GENEのメンバーとして人気を博し、俳優としてもドラマで活躍しているが、意外にもミュージカルは初挑戦となった。時には作曲家として苦悩する切ない姿を、時には狂気を纏いながら神がかり的に作曲をする姿を熱演。その演技力と歌唱力で新たな才能を開花させた。特に終盤の楽曲「狂炎ソナタ」を熱唱するシーンは、驚きと共に身震いする程、胸が打たれることは必至だ。

シン・ウォンホ,CROSSGENE

一方、生まれながらの才能を持つモーツァルトと重なるSを演じたVIXXのKENは、定評のある美声で観客を魅了。Jを温かく見守る優しさと、時にはKに苦言を呈したりと力強さも表現した。

KEN,VIXX,イ・ジフン

そんな2人が練習を重ね、ピアノ演奏で披露した「君と僕」は、絶妙な呼吸と美しい音色はさらなる感動と一服の清涼剤となっている。そして、ベテラン俳優イ・ジフンが悪役Kになりきり圧巻の歌声と演技力を見せつけ、本作にさらなる重厚感をもたらした。
「狂炎ソナタ」を完成させるため、辿りついた結末に驚愕と感動をもたらすことは間違いなしだ。

また、カーテンコールでは観客に感謝する姿と共に、3人で抱き合った姿がなんとも微笑ましい。そんな3人の奇跡のコラボレーションで誕生した『狂炎ソナタ』に感動と賞賛の声が届く中、残りの東京公演24日(土)・25日(日)の2日間にさらなる期待が募っている。

●チケット料金 全席指定 VIP席 15,000(税込) S席 13,000(税込) A席 8,000(税込)
●主催 ミュージカル『狂炎ソナタ』製作委員会
●制作・宣伝協力 株式会社アミューズ
●新‘s WAVE 公式 HP www.shinswave.com

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


特集