フリーワード検索

おすすめタグ

2018.09.27 02:01

ソ・イングク、「普通と違う主人公、変化の過程が魅力的」

ソ・イングク

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優ソ・イングクの人並みならぬ愛情が今回のドラマの期待を高めている。
 
tvN水木ドラマ「空から降る一億の星」にて、ソ・イングクは殺人容疑者であり自由で危険な男キム・ムヨンに変身する。
 
劇中のキム・ムヨン(ソ・イングク)は倫理、責任感、義務のようなものに縛られることなく、他人を気にせず、物事を深刻に受け止めない。内側に隠された傷と悲しみ、目線一つにも多くのことを盛り込んでキャラクターを表現しなければならないため、ソ・イングクはより熱心に撮影に臨んでいる。
 
ソ・イングクは自身のキャラクターについて「キム・ムヨンが持つ感情が普通の人とは少し違う」とし、「同じ傷を持ったユ・ジンガン(チョン・ソミン)に出会って、普通の人の感情や共感する能力を一つずつ知っていく過程があるが、その部分がすごく魅力的に感じた」と特別な関心を示した。
 
また、彼はこれまでドラマであまり取り扱われたことのない“クラフトビール会社のブルワリー助手”という職業についても言及した。ソ・イングクは「監督とビール工場に行って必要な部分を直接見て学んだ」とし、「過去にアルバイトをした経験があって多くのプラスになったようだ」と明らかにし、役割を完璧に演じようとする熱意を見せた。
 
出演する作品、演じる人物を多角的に分析することで知られるソ・イングク。そんな彼が「空から降る一億の星」と出会い、ドラマでどのようなキャラクターを誕生させるのか、視聴者の関心が集まっている。
 
一方、「空から降る一億の星」は怪物と呼ばれた危険な男ムヨン(ソ・イングク)と、彼と同じ傷を持った女性ジンガン(チョン・ソミン)、そしてムヨンに対抗する彼の兄ジングク(パク・ソンウン)に訪れる衝撃的運命のミステリー恋愛ドラマ。韓国にて10月3日午後9時30分より放送スタート予定。
 
 
写真提供:tvN水木ドラマ「空から降る一億の星」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「空から降る一億の星」紹介コラムはこちら
 


特集