フリーワード検索

おすすめタグ

2018.09.04 01:01

チョ・インソン、ナム・ジュヒョクなど…映画「安市城」俳優9人のグラビア公開‼

安市城
[韓国エンタメニュース]
 
 
映画「安市城」の超豪華俳優軍団9人のグラビアが公開された。
 
「安市城」主演のチョ・インソン、ナム・ジュヒョク、パク・ソンウン、ペ・ソンウ、キム・ソルヒョン(AOA)、チョン・ウンチェ、パク・ビョンウン、オム・テグ、オ・デファンなど9人の俳優はマガジン「HIGH CUT」にてグラビア撮影を行った。公開されたグラビアにて、俳優たちは各自の役柄に合わせた哀愁漂う表情を披露している。
 
トレンディなワイドパンツとロングコートを着こなすチョ・インソンから、オールブラックスタイルのパク・ソンウン、シルクのシャツを着たナム・ジュヒョク、皮のトレンチコートを羽織るチョン・ウンチェまで。それぞれが異なるスタイルを着こなすグラビアからは、タフながらも上品な雰囲気を感じ取ることが出来る。
 
撮影後に行われたインタビューにてチョ・インソンはこの作品を選択した理由について「新しい時代劇になるという期待感があった。韓国映画では珍しく高句麗を扱った時代劇」とし、「安市城自体がメインストリームである。逃げた状態で戦うのではなく、自分の場所で正面からぶつかるために(アクションも)一段と攻撃的かつ大胆だ」と説明した。
 
ヤン・マンチュンと対立する学徒兵の隊長サムル役を演じたナム・ジュヒョクは「サムルはアクションもするが、物語を率いていくキャラクターだ。幼い学徒兵としての恐怖、混乱した感情を生かそうと努力した」と明らかにした。
 
パク・ソンウンは唐太宗イ・セミンを演じたことについて「挑戦だった。事実、一度は王の役をしてみたかったが皇帝役をさせてくれるなんて? よしっと思った。僕がヤン・マンチュンに本当に格好良く負ければ映画の感動を一層生かすことができると思った」とし、「でも中国語を本当に頑張らなければならなかった」と話した。
 
副官チュ・スジ役を務めたペ・ソンウは映画「ザ・キング」に続いてチョ・インソンと共演したことについて「チョ・インソンとの作業はいつも良い」とし、「『ザ・キング』ではチョ・インソンが僕を裏切って辛かったが、今回『安市城』では最後まで一緒に戦う。階級も彼が城主で僕は将軍だ。互いを認め合える良い関係に発展した」と伝えた。
 
部隊を率いるリーダー ベッカ役を演じたキム・ソルヒョン(AOA)は「以前の作品では背負い投げを受けたり、逃げ回るシーンが多かった」とし、「今回は武器を活用して直接何かを主導する躍動的なアクションをたくさんした。今までとは違った姿をお見せできるだろう」と自信を示した。
 
未来を見る神女シミを演じたチョン・ウンチェは「鎧を着て武器を扱った俳優たちに比べ、私はあまり苦労しなかった」とし、「ただ、シミは唐の軍事側にも合わせながら安市城の人々と共に戦う中立的な人物だ。ちょっとした発言にも回りの様子をうかがうような立場だった。撮影しながら寂しくなったりした」と笑った。
 
安市城

ソリョン,チョン・ウンチェ

チョ・インソン

ナム・ジュヒョク

安市城

 

一方、映画「安市城」は韓国にて19日より公開予定。
 
 
写真提供:「HIGH CUT」227号
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


映画「安市城」グラビア&インタビュー掲載「HIGH CUT」227号はこちら

映画「安市城」関連ニュースはこちら








ナム・ジュヒョク関連ニュースはこちら



ナム・ジュヒョク関連商品はこちら


特集