フリーワード検索

おすすめタグ

2018.08.24 01:01

ソ・イングクXチョン・ソミン、「空から降る一億の星」撮影現場公開!

ソ・イングク,チョン・ソミン,空から降る一億の星

[韓国エンタメニュース]

 
「空から降る一億の星」初の撮影現場が公開された。
 
「知ってるワイフ」後続として韓国にて9月より放送スタート予定のtvN「空から降る一億の星」側は16日、ソ・イングクとチョン・ソミンの出会いのシーンが盛り込まれた撮影現場の写真を公開した。
 
「空から降る一億の星」は怪物と呼ばれる危険な男ムヨン(ソ・イングク)と彼と同じ傷を持った女性ジンガン(チョン・ソミン)、そしてムヨンに対抗する彼女の兄ジングク(パク・ソンウン)に訪れる衝撃的な運命を描いたドラマだ。2002年に放送された同名の日本ドラマを原作とするリメイク作品としてドラマファンの関心を集めている。
 
ソ・イングクは殺人容疑者であり自由で危険な男キム・ムヨン役を、チョン・ソミンはムヨン(ソ・イングク)の安らぎの存在になろうとする女性ユ・ジンガン役を演じる。二人は危険な男と危険に飛び込む女として出会い、ときめきを披露する予定だ。
 
公開された写真はソ・イングクとチョン・ソミンが見つめ合っている姿、それぞれのソロカットなどだ。特にソ・イングクとチョン・ソミンの正反対の雰囲気に目を引かれる。ソロカットにて余裕の笑みを浮かべるソ・イングクとは異なり、チョン・ソミンは鋭い眼差しを何処かに向けている。二人の間にどんなことが起こったのか疑問を抱くと共に、これから展開される衝撃的運命ロマンスに期待が高まる。
 
ソ・イングクとチョン・ソミンの撮影は7月、ソウル・麻浦区にて行われ、二人は顔を合わせるやいなやハイタッチを交わし愉快に撮影が開始された。また、7月の厳しい暑さにもかかわらず、二人は終始笑顔で撮影現場を和やかな雰囲気に導いたという。
 
この日、ソ・イングクは「前作『高校世渡り王(邦題:ナイショの恋していいですか!?)』のユ・ジェウォン監督、撮影スタッフらと再び仕事が出来ることになり嬉しい気持ちで撮影に臨んでいるためか、初撮影から隙のない呼吸を完成できたと思うし、懐かしい方たちと現場で会うことが出来て光栄です」と話した。

チョン・ソミンも「初撮影が私のシーンですごく緊張しましたが、その日収録がなかったイングクさんとド・サンウさんが現場まで来てくれて本当に有難かったです。二人の応援のおかげで無事に初撮影を終えることができました」とし、「撮影最終日までドキドキする気持ちで一生懸命準備し、良い作品をお見せします」と期待を高めた。
 
一方、「空から降る一億の星」は韓国にて9月26日より放送スタート予定。
 
 
写真提供:tvN
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「空から降る一億の星」関連ニュースはこちら
 


特集