フリーワード検索

おすすめタグ

2018.05.17 04:01

クォン・サンウ「演技人生史上最も太った姿を見られる作品」

クォン・サンウ,探偵リターンズ

[韓国エンタメニュース]
 
 
映画「探偵:リターンズ」の制作報告会が17日午前、ソウル・江南区狎鴎亭CGVにて行われ、イ・オンヒ監督を始め、主演を務めたクォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンスが出席した。
 
映画「探偵:リターンズ」は2015年に韓国にて上映された「探偵:The Beginning」(邦題:「探偵なふたり」)の続編だ。前作で呼吸を合わせたクォン・サンウ、ソン・ドンイルが再びタッグを組んだ。シャーロックオタクで漫画喫茶オーナーのカン・デマン(クォン・サンウ)とレジェンド刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)が探偵事務所を開業、元サイバー捜査隊のエース ヨチ(イ・グァンス)を新メンバーに迎え入れ、事件を解決する過程を描く。
 
同日、クォン・サンウは「主人公が探偵事務所を構え、とても現実的で機転の利いた作戦を展開する。そこが面白い部分だ」とし、「前作より深みのある事件を扱う。それを解決する過程に興味をそそられるだろう。笑えるポイントも多い」と説明した。
 
また作品のために増量したクォン・サンウは「僕の俳優人生の中で最も太っている姿を見ることの出来る作品。僕も太ることが出来るのだなと改めて感じた」と話し、会場の笑いを誘った。
 
記者からの「続編は可能か」という質問に対しては「2~3年に1作ずつとしてソン・ドンイル先輩の寿命を考えると、10作目までいけるんじゃないか」として会場の笑いを誘うと共に、ソン・ドンイルとの共演を願う意思を示した。
 
一方、「探偵:リターンズ」は6月13日より韓国にて公開予定。
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

映画「探偵」関連ニュースはこちら

 

クォン・サンウ関連ニュースはこちら

クォン・サンウ関連商品はこちら


特集