フリーワード検索

おすすめタグ

2019.05.03 04:01

「第55回 百想芸術大賞」みんなの予想結果&受賞結果発表!!

第55回百想芸術大賞結果

映画、ドラマ、バラエティ番組等のテレビ部門と映画部門を併せた総合エンターテイメントの授賞式として毎年大きな注目を集める「百想芸術大賞」
第55回目となった今年は5月1日(水)、ソウル 三成コエックス Dホールにて開催されました。

コアリでは「第55回 百想芸術大賞 みんなで大予想」と題しアンケートを実施、今年はテレビ部門と映画部門の男性最優秀演技賞の受賞者を皆さんに予想していただきました。
 
 
では、早速アンケート結果と実際の受賞結果を見ていきましょう~!

 
まずは「テレビ部門 男性最優秀演技賞」の予想結果から~~

 
 キム・ナムギル(熱血司祭)

キム・ナムギル
 
コアリの投票で1位になったのは、地上波のドラマには約6年ぶりのカムバックとなったキム・ナムギル!

・本国で常に20%前後の視聴率を獲得し、最終回も最高視聴率26%強と言うすばらしい数字を出し、怪我を乗り越えて降板もせず最後まで突っ走って、見事なアクションや演技とその俳優としてのプロ意識も見(魅)せてくれたからです。
 
・長い脚で悪をバッサバッサとなぎ倒す爽快さと、人の心に染み渡る演技でホロリとさせられるのは100の顔を持つナムギルだからこそ。
 
・熱血司祭の好演が光ります。今年ナンバーワンのヒット作、視聴率もナンバーワン。文句なし。
 
・とにかくドラマ自体も面白かったということと…やっぱりナムギルさんの演技力と高さと激しいアクションが見応えがありました。撮影の途中で負傷し入院するなどのアクシデントもありましたが怪我をおして撮影に挑む姿に頭が下がる思いでした。
神父へイル役はナムギルさんだけにしか出来ない役だったと思っています。
 
・役にこだわって追求する姿が良い。今回撮影中の怪我を乗り越えやっぱり宇宙最強の俳優です‼
 

☆演技力ではいつも高い評価を受けていたキム・ナムギル。
前作の「医心伝心~脈あり!恋あり?~(原題:名不虚伝)」に続きコミカルなキャラクターを演じ、ジャンルを問わず独自のカラーを見せる俳優となりました。
また、撮影中のアクションシーンでの骨折にも撮影を強行するという役者魂も買われ、圧倒的な得票率で1位となりました。

医心伝心DVD
「熱血司祭」と共にこちらもオススメ!
「医心伝心~脈あり!恋あり?~(原題:名不虚伝) 」DVD-SET1

 

 ドラマ「熱血司祭」関連記事を読む

a.cp_btnD {font-size: 124%;width: 300px;padding: 0.8em 0.8em;text-align: left;text-decoration: none;color: #fff;border: 2px solid #006400;border-radius: 3px;display: block;transition: .4s; background: #006400;}a.cp_btnD:hover {background: #99CC99;color: #006400;border: 2px solid #006400;}a.cp_btnD img{vertical-align: bottom;}

 キム・ナムギル関連商品を購入する
 キム・ナムギル関連記事を読む
 キム・ナムギル関連コラムを読む

続く2位はこちら!

 ヨ・ジング(王になった男)
 
・演技力が高く、説得力にあふれ、さすが子役からの俳優さんだな、と思ったので、選びました。大御所を押さえて、受賞してほしい俳優さんです。

・一人二役を演じる大人になったシング君、凄みが増しました。
 
・若手の中でも時代劇をやらせたら一番上手いと思います。
 
・一人二役を見事な演技力で演じきっていて鳥肌もんの演技でした。

☆一人二役の難しい役柄を見事に演じ、ベテラン俳優達と肩を並べてのノミネートとなったヨ・ジング。
年齢を感じさせない演技力が評価されました。

王になった男フォトエッセイ
ドラマの余韻と感動を味わうなら
[送料込]ドラマ「王になった男」フォトエッセイ

そして3位!

 
 
 ヒョンビン(アルハンブラ宮殿の思い出)
 
・今までにない仮想空間での難しい役を見事に演じて、観る側を引き込んで離さなかったです。
 
・パク・シネちゃんとの共演がとても素敵でした。
 
・興味深いストーリーをヒョンビンさんの演技力で更に面白いものにしてくれました。
 

☆「アルハンブラ宮殿の思い出」で久しぶりのドラマ復帰となったヒョンビン。
仮想空間という難しい設定の中で魅力的なキャラクターを演じていましたよね。

アルハンブラ宮殿の思い出
幻想的なドラマの世界を満喫できる
[送料込]ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」台本集 

一方、実際にテレビ部門の男性最優秀演技賞を受賞したのは?
 

 
イ・ビョンホン(ミスター・サンシャイン)

イ・ビョンホン

誰が受賞してもおかしくない程に錚々たる候補者が揃う中で受賞したのは「ミスター・サンシャイン」のイ・ビョンホン。
演技派俳優が揃って出演していたこのドラマの中でもひときわ存在感のある演技は「さすがイ・ビョンホン」という評価を受けていました。
昨年の最優秀演技賞の受賞者で今年はプレゼンターとして登場したチョ・スンウが「僕がこの方の名前を読み上げることができて光栄です」とコメントしたように、多くの俳優達から尊敬されている韓国を代表する演技派俳優ですよね。

エターナルDVD
セリフではなく表情や眼差しで見せるイ・ビョンホンの演技が圧巻!
映画「エターナル」通常版DVD

 
 
続いて「映画部門 男性最優秀演技賞」を見て行きましょう~~♪
 

まずは皆さんの投票結果で1位になったのは?
 
 
 
 チュ・ジフン(暗数殺人)

映画部門のコアリ投票で1位に選ばれたのは「暗数殺人」のチュ・ジフン!
 

・チュ・ジフンが演じる殺人犯カン・テオはサイコパスで、追加殺人を自白するも嘘と真実を巧妙に入り混ぜて刑事を弄びます。演技の中でさらに演技を重ねている、とても素晴らしい演技でした。
 
・いくつかの作品を見ました。見入ってしまう作品ばかりで、見てる人を引き付ける俳優さんだと思います。
 
・殺人者の内面的な演技を見事に表現していると思います。
 
・相変わらず抜群の演技力!!いつも面白い作品に出演されるセンスさすがです
 
・架空の設定をとてもうまく演じていたこと、子役や共演者との絡みがさすがというところでした。暗いイメージであまり注目していませんでしたが、今回の役で見直しました。

☆ここ数年、作品毎に違ったイメージを見せ演技者としての幅を広げているチュ・ジフン。
今回の「暗数殺人」では従来のイメージとはまた違ったキャラクターを見事に演じていましたね。

暗数殺人DVD
チュ・ジフンとキム・ユンソクの演技対決!
映画「暗数殺人」DVD[韓国版]

 チュ・ジフン関連商品を購入する
 チュ・ジフン関連記事を読む
 チュ・ジフン関連コラムを読む
   
 

続いて2位!

 ユ・アイン(バーニング)
 
 
・強いキャラクターもナイーブな面を出す演技が同居しているところが良いから。

・若手の中で演技力がずば抜けてます。
 
・バーニングのジョンス役素晴らしかったです。次第に疑心暗鬼になって狂気にみちていく表情は圧巻の演技でした。
また今までとは違うユアインの演技が見れたような気がします。この難しい役はユアインにしかできないと思います。素晴らしい俳優だと改めて思いました。
絶対最優秀演技賞とってほしいです。
 
・この役は、ユ・アインでないと出来ないくらいはまり役でした。

☆カンヌ映画祭でも高い評価を受けた「バーニング」で、誰もが認める演技力を見せたユ・アイン。
若いながらも特色のある俳優として成長していますよね。


ユ・アインが魅せるファンタジーロマンス
シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~ DVD-BOX1

3位はこちら!

 
 
 イ・ソンミン(工作 黒金星と呼ばれた男)
 
・いつも最前列に出るタイプの俳優ではありませんが、ミセンや色々な作品で無くてはならない存在。
 
・他の作品でもそうですが大人の雰囲気のある人間のさまざまな心模様を表現できる役者さんだと思います。

・「目撃者」と「工作」、続けて見たのですが、どちらもさすが!という演技でした。

☆韓流スターではないですが、数々の作品で見せる演技力に魅了された方達からの票が集まったイ・ソンミン。
韓国映画&ドラマになくてはならない存在ですよね。


イ・ソンミンの存在感のある演技が見どころ
映画「リアル」DVD

実際に映画部門の男性最優秀演技賞を受賞したのは?
 

イ・ソンミン(工作 黒金星と呼ばれた男)

イ・ソンミン

テレビ部門同様、演技派俳優が名を連ね激戦となった映画部門の最優秀演技賞は、日本でも「ミセン-未生-」でおなじみのイ・ソンミンでした。
数々の作品で深みのある名脇役演技を見せていますが、この日の受賞コメントでも「工作」の主演俳優であるファン・ジョンミンに対する感謝のコメントを述べる等、謙虚な姿が輝いていました。

目撃者DVD
イ・ソンミン演じる、殺人事件を目撃した主人公を取り巻く、手に汗握るサスペンススリラー
映画「目撃者」DVD

 


毎年豪華な候補者達が揃い注目を集める百想芸術大賞。
55回目となった今回も候補者達が授賞式に多く出席し、その格式の高さを実感させてくれました。

そんな中でテレビ部門では「ミスター・サンシャイン」のイ・ビョンホンが、映画部門では「工作 黒金星と呼ばれた男」のイ・ソンミンが最優秀演技賞を受賞。
授賞式の常連ともいえるベテラン俳優の演技力が再評価された結果となりました。

また、大賞を受賞したのはテレビ部門が「眩しくて」のキム・ヘジャ、映画部門は「証人」のチョン・ウソンとなり、最優秀演技賞同様、韓国の映画・ドラマ界を長年支えて来たベテラン俳優が大賞の栄冠をいだく形となりました。
ドラマ「眩しくて」の中のセリフを引用し「今日を生きてください、眩しく」と大賞受賞のコメントを述べたキム・ヘジャに後輩俳優達や視聴者達からの熱い拍手が贈られた姿が印象的だった第55回百想芸術大賞でした。

 


第55回 百想芸術大賞 受賞リスト

◆TV部門
大賞:キム・ヘジャ(「眩しくて」)
作品賞:「私のおじさん」
最優秀主演男優賞:イ・ビョンホン(「ミスター・サンシャイン」)
最優秀主演女優賞:ヨム・ジョンア(「SKYキャッスル」)
助演男優賞:キム・ビョンチョル(「SKYキャッスル」)
助演女優賞:イ・ジョンウン(「眩しくて」)
男性新人賞:チャン・ギヨン(「ここに来て抱きしめて」)
女性新人賞:キム・ヘユン(「SKYキャッスル」)
 
◆映画部門
大賞:チョン・ウソン(「証人」)
作品賞:「工作」
最優秀主演男優賞:イ・ソンミン(「工作」)
最優秀主演女優賞:ハン・ジミン(「ミス・ペク」)
助演男優賞:故キム・ジュヒョク(「毒戦」)
助演女優賞:クォン・ソヒョン(「ミス・ペク」)
男性新人賞:キム・ヨングァン(「君の結婚式」)
女性新人賞:イ・ジェイン(「娑婆訶(サバハ)」)

男性人気賞:EXOディオ(「100日の朗君様」)
女性人気賞:I.U(「私のおじさん」)
BAZAARスタイルアイコン賞:キム・ヘス

「百想芸術大賞」関連ニュースはこちら

 


特集