フリーワード検索

おすすめタグ

2018.10.12 02:19

人気韓国俳優ソ・ジソクさん コアリ単独インタビュー大公開

韓国俳優,ソ・ジソク,名前のない女,グロリア,産婦人科,19歳の純情,千年時間旅行,全羅道千年時間旅行,
 
イベント開演前、ゲストのソ・ジソクさんに直撃インタビュー!
出演ドラマの見どころから、プライベートトーク、全羅道との関係まで明かします!
 

2018年9月29日(土)、メルパルク大阪にて、韓国・全羅道(チョルラド)地方の魅力を紹介するイベント「全羅道 千年時間旅行」が開催されました。
このイベントは、全羅道と命名されてから1000年目を迎える「全羅道訪問の年」の今年、チェジュ航空の全羅道務安(ムアン)国際空港-関西国際空港便が就航したことを記念して行われました。

そして、スペシャルゲストとして、全羅道とゆかりの深い韓国俳優ソ・ジソクさんが出演!
全羅道の魅力にまつわるトークや名物料理づくり体験コーナーは、ソ・ジソクさんのやさしい性格とおちゃめな一面がうかがえる貴重な時間に。
さらに、直筆サイン入りキャップのプレゼントやJ-POPソングの熱唱、客席通路を通って観客とふれあうサプライズなど、人となりを感じさせるファンサービスに会場はなごやかな雰囲気に包まれました。
 
そんなソ・ジソクさん、コアリのインタビューにも、とても親切&丁寧に応じてくださいました!終始にこやかでジェントルマンな対応にコアリスタッフも感動!

 


―まず、ご出演作品についておうかがいします。主演ドラマ「名前のない女」(2017年)のDVDセットが2018年8月から日本で発売中なので、ぜひ見どころを教えてください!

ソ・ジソク:名前のない女」は、母と娘それぞれのこの上なく強い「母性愛」を描いた作品です。母性愛というものがどれだけ危うい存在になりうるか、そして、母性愛という愛のためにどれだけ大変な事件が起こりうるか、という部分にクローズして見ると面白いと思います。
 

―「名前のない女」ではヒロインを裏切る悪い男「キム・ムヨル」に挑戦されていますよね。これまでの出演作にはなかったキャラクターですが、どういった部分に魅力を感じたんでしょうか?

ソ・ジソク:今まではかっこいい室長とか足長おじさん的な、ヒロインをそっと支える役が多かったんですよね。だから、「ヒロインを裏切る悪役」という設定にとても魅力を感じてチャレンジしました。
ところが、いざ悪役を演じてみると自分がとても悪い奴になったように思えて、実は最初のころは結構こたえたんです。(笑) でも、この「キム・ムヨル」というキャラクターは、だんだん悪役というよりちょっと間抜けなやられ役という感じで可愛げが出てくるので、そういう変化も合わせて見ていただけると嬉しいです。

 

韓国俳優,ソ・ジソク,名前のない女,グロリア,産婦人科,19歳の純情,千年時間旅行,全羅道千年時間旅行,

―プライベートでは、芸能人バスケチームでのご活躍も有名ですよね!どのような活動をされているのか、よければ少しお聞かせください。

ソ・ジソク:僕はバスケやサッカー、野球が大好きで、それが高じてついには2010年に自分でバスケチームを作っちゃったんです。「アッティ(韓国固有語で、親しい友人の意)」というチーム名で、週1ペースで集まって楽しく活動しています。

みんな仕事のスケジュールを調整して来るほどバスケが大好きで(笑)、特にSHINeeのミンホは本当によく来てくれています。ほかにも今は、SS501のホ・ヨンセンやWanna Oneのライグァンリン、俳優のパク・ギウンさん、キム・ギバンさん、キム・サグォンさんがいます。

―2018年は、韓国の人気テレビ番組「覆面歌王」(覆面仮装姿で行う勝ち抜き歌唱対決番組)にも出演されました。普段から歌はお好きなんですか?

ソ・ジソク:(照れ笑い)普段から音楽鑑賞は大好きですね。
覆面歌王」は、以前「ラジオスター」(韓国の人気トーク番組)でMCのキム・グラさん(「覆面歌王」レギュラーでもある)に興味があるという話をしたら、その後ありがたいことに出場のお話をいただけて。歌というものを初めて習って練習しましたが、新しい経験ができましたね。

普段は、特にこだわらず何でも聴きます。韓国の曲ではIUをよく聴きますし、日本の歌では演歌が結構好きです。曲名は今ちょっと思い出せませんが、以前日本ファンミーティングでも演歌を歌ったことがあるんですよ。

―今日のイベントは「全羅道」がテーマですが、ソ・ジソクさんが日本のファンの皆さんに全羅道の魅力を紹介するとしたら?

ソ・ジソク:実は本当に幸いなことに、僕の父も妻も全羅道・光州(クァンジュ)出身で、妻の方は実家や親戚もみんな光州なんです!だから光州の良さをぜひ詳しくお話したいところですが…時間がないので簡単に。(笑) 

全羅道の魅力といえばやはり、人情あふれる食文化ですね。一杯のスープにも10種類以上ものおかずがつくお店が多いです。本当にテーブルの脚が曲がるんじゃないかと思うくらい。(笑) 
光州は韓定食やトッカルビ(宮廷料理の一つでもあった韓国式ハンバーグ)、全州(チョンジュ)は全州ビビンバが名物なので、まさに「韓国料理の元祖」とも言える地域だと思います。
全州には韓屋村(韓国伝統家屋が保存されているエリア)もあるし、全羅道は本当にとても良いところですよ!

―ソ・ジソクさんご自身はソウル育ちとのことですが、地元ソウルでもおすすめしたいお店や名所があったらぜひ教えてください!

ソ・ジソク:そうですね…特定のお店というのは難しいですが、明洞(ミョンドン、ソウルきっての繁華街)からも近い、鍾路(チョンノ)エリアをおすすめしたいです。特に「ピマッコル」といううまいもん通りには、すごく安くお酒を楽しめて風情のあるお店が多く、料理もどれもおいしいです。
鍾路はぜひ皆さん一度訪れてみると良いと思いますよ。

 

韓国俳優,ソ・ジソク,名前のない女,グロリア,産婦人科,19歳の純情,千年時間旅行,全羅道千年時間旅行,

―では、差支えなければ、今後の活動計画をお聞かせください。

ソ・ジソク:「名前のない女」が韓国で放送終了して1年近く経ちまして。そろそろ「休みすぎた」感が出てきたので(笑)、なるべく早く良い作品に出演してお茶の間かスクリーンで皆さんにお会いしたいです。
また、バラエティ番組の面白さも最近わかってきたので、もっとやってみたいです。今はそういう感じですね。
 

―最後に、日本のファンの皆さんに一言お願いします!
ソ・ジソク:日本での単独ファンミーティングはしばらくなかったので、今度は、特別大きな規模でなくとも、いつも来てくださるファンの人達と近くで顔を見てワイワイ話をする、そんな時間を持てたらいいと考えています。

また、日本で地震や台風の被害が大きかったと聞いています。僕にできる範囲で何か手伝えることがないかも模索中です。
 

―今日はお忙しいところありがとうございました。

ソ・ジソク:ありがとうございました。(^^)
 

 


★ソ・ジソクさんプロフィール★

1981年9月9日生まれ、身長182㎝
スポーツ万能で、爽やかな笑顔の正統派俳優として2000年にデビュー

2006年のドラマ「19歳の純情」での熱演が光り、KBS演技大賞新人賞を受賞、一躍注目を浴びるようになった。
「明日に向かってハイキック」、「グロリア」等に出演。
KBSドラマ「名前のない女」で初めて悪役に挑戦。

(‘韓国「全羅道 千年時間旅行」’公式ページより)

ソ・ジソクの関連商品>>
ソ・ジソクの関連ニュース>>
ソ・ジソクの関連コラム>>
 


 


★ソ・ジソクさん来日スケジュール情報★
ソ・ジソクさんは、2018年11月20日(火)にリンクステーションホール青森にて開催予定の「韓日観光交流の夕べin青森」にもゲスト出演予定です!

イベント詳細情報・お申込み方法・お問い合わせ先は、下記URLよりご確認ください!
↓↓↓
https://minnakorea.jp/news/20181011-2131.html
 



特集