フリーワード検索

おすすめタグ

2018.08.24 05:00

ノ・テヒョン(HOTSHOT) 1st FANMEETING レポート

ノ・テヒョン
©田中真二

#ノ・テヒョン(RohTaeHyun/노태현)
2014年に韓国デビュー、2016年に日本デビューも果たした6人組ボーイズグループHOTSHOTのメンバーで、2017年にはサバイバルプログラム「PRODUCE 101 シーズン2」に出演し注目を集めました。
プデュでは番組終盤で惜しくも脱落しましたが、その後ファンの熱い思いを受け誕生したグループJBJのリーダーとして2017年10月から2018年4月まで7か月間活動しました。
 


#ノ・テヒョン 1st FANMEETING IN JAPAN
そんなノ・テヒョンが今回、初のソロ活動として「ノ・テヒョン 1st FANMEETING IN JAPAN」を開催。
8月20日にZepp Tokyoで行われた東京2部公演のレポートをお届けします!

開演時間になりステージに現れたノ・テヒョン。テヒョンくんといえばもちろんダンス!!ということでダンスパフォーマンスからスタート。Produce101のオーディションでも踊ったというこのパフォーマンスは、彼の魅力と才能が存分に発揮されています。またカッコイイダンスの中でもふいに笑顔を見せ、その瞬間客席からは「キャーーー」という大きな歓声が上がりました。
 
2曲のパフォーマンスが終わるとMCが登場しトークコーナーへ。初めてのソロファンミーティングなだけに、日本そして韓国はもちろん、世界中からファンが集まっていました。最近はスケジュールも落ち着きゆったりと過ごし、趣味のアニメやフィギュアも楽しんでいるとのこと。今回のイベントのコンセプトは“History”で、デビューからの4年間を振り返るというもの。イベントを準備するにあたり「この大きさのステージをひとりで埋めるのが大変でした」と、ソロならではの苦労も明かしました。

ダンスの次は歌!ということでソ・イングクの『帰ってくる道』をしっとりと歌い上げ、ダンスやトークとはまた違った一面を見せてくれました。

ノ・テヒョン
©田中真二

ファンから募集した質問に答えるQ&Aのコーナーでは『苦手なダンスのジャンルは?』という質問に「ガールズグループのダンス」と回答。するとMCからすかさず踊ってみてとの無茶振りが。戸惑いながらも客席からリクエストが多かったProduce48の『PICK ME』のワンフレーズを踊って見せてくれた、ファン思いなテヒョンくんです。また最近ハマっている曲として星野源の『恋』をあげ、鼻歌で歌いながら振り付けを再現する可愛い姿も!

ノ・テヒョン
©田中真二

ここからはDance Historyのコーナー。Part1はHOTSHOTの楽曲、Part2はProduce101で披露した楽曲、そしてPart3はProduce101以降の楽曲で構成。それぞれの時期を代表する曲のハイライトメドレーとなっていて、大盛り上がり。特にJBJの曲では客席の掛け声も完璧で、人気の高さが伺えました。

ノ・テヒョン
©田中真二

続くゲームコーナーではお絵描きゲームを進行。上手いような下手なような絶妙な(?)画力でしたが、さすがファンたちは皆さん一発で正解し、見事その絵をGETしていました。そしてプレゼントをかけた○×クイズでは、最後まで勝ち残ったファンにテヒョンくん手作りの指輪をプレゼント!!しかも直接指にはめてもらっていて、見ていた客席からは羨望の悲鳴が・・・!

そして最後は「日本のファンミーティングなので日本の有名な曲を歌いたかった」と準備した『Rainy Blue』を熱唱。「初めて聞く単語が多くて歌詞が難しかった」と話していましたが、感情のこもった歌に聞き惚れてしまいました。そんなダンスだけでなく歌も上手なテヒョンくんですが、イベント中のほとんどを日本語で受け答えするなど日本語の実力もかなりのもの。
今後は韓国に戻りメンバーたちとカムバックの準備をするとのことなので、これからの活動がとっても楽しみですね!!

ノ・テヒョン
©田中真二

※写真は8/20(月)1部の写真です。
 
「ノ・テヒョン 1st FANMEETING IN JAPAN」
2018年8月20日(月) 2部(19時開演)
会場:Zepp Tokyo
◆イベント公式サイト
http://k-fan.official-fan.com/rohtaehyun_1st_fanmjapan/

◆8/20(月)Zepp Tokyo公演セットリスト
1.「So.Good.」Johnny Stimson(Dance Performance)
2.「Chocolete Legs」Eric Benet(Dance Performance)
3.「帰ってくる道」(原曲:ソ・イングク)
4.Dance History PART1
「Take a Shot」HOTSHOT / 「Watch Out」HOTSHOT / 「I’m a HOTSHOT」HOTSHOT / 「Step by Step」HOTSHOT
Dance History PART2 PRODUCE101 シーズン2 パフォーマンス
「Make It Bun Dem」Skrillex & Damian / 「10 out of 10」2PM / 「Shape of You」Ed Sheeran / 「Show Time」
Dance History  PART3
「Jelly」HOTSHOT / 「Fantasy」JBJ / 「My Flower」JBJ / 「Call Your Name」JBJ / 「HandClap」Fitz&The Tantrums
5.「Rainy Blue」(原曲:徳永英明)
 


#ノ・テヒョン おすすめ動画PICK UP
Produce101出演時、一番最初のレベル評価で圧倒的なダンスの実力を見せつけ「A」評価を獲得したパフォーマンス!(feat.ハ・ソンウン)

(文・momo)


特集