フリーワード検索

おすすめタグ

2017.09.25 01:32

Block B テイル&ユグのスペシャルユニットT2Uの全国ツアー『Block B SPECIAL UNIT STAGE 2017 ~T2U~』レポート

©️アービング

Block BのJAPAN 限定プロジェクト【Block B PROJECT-1】。その第一弾シングル『PROJECT-1 EP』の発売を記念して、TAEIL とU-KWON のユニットT2U で実施した全国ツアー『Block B SPECIAL UNIT STAGE 2017 ~T2U~』。大盛況の中終了した今回のツアーの大阪公演の様子をレポートします!

青いライトに照らされてステージにT2Uの2人が登場すると、客席からは大きな歓声が沸き起こった。しかし、ひとたび曲が始まると雰囲気は一転。洗練された歌声に会場全体が一瞬にしてT2Uの世界に引き込まれた。そんな2人が1曲目に選んだ曲は清水翔太の『君が好き』。時折客席にマイクを向けながら、2人のきれいなハーモニーを披露した。

 

BlockBとはまた違う、しっとりとした雰囲気の中始まった今回のライブだが、ひとたびトークが始まると今度は軽快なトークで会場をさらに盛り上げる。「元気でしたか?声が小さいなー」と流暢な日本語で客先を煽るユグォンと、「ゲストは誰だと思う?」という問いかけに「ビートたけしさん?明石家さんまさん?」と答える愛嬌たっぷりのテイル。対照的な2人の魅力で会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 

©️アービング

今回の公演は歌やダンス以外にも様々な企画が準備されており、ゲストMCである若手芸人、トットの進行の元、二人はファンとの時間を楽しんだ。最初に用意されたコーナーは「ご当地告白セリフ対決」。日本で全国ツアー中の2人のうち、どちらがより日本語を習得できているか見極めよう!ということで、方言の入ったセリフで告白をしてもらうという、ファンにはたまらない企画だ。
 

まずはテイルが「付き合ってーや」と男性ファンに愛を告白。女性ファンが数多くいる中、男性に向かって告白するテイルに会場は笑いの渦に包まれた。続いてのユグォンは「惚れてまうやろーーー!!」と、Wエンジンのギャグを交えた告白を披露し、会場は黄色い歓声に包まれた。ファンの投票の結果、日本で映画出演経験もあり、日本語も堪能なユグォンが勝利する形で方言対決は終了した。

 

 ©️アービング
 

続いては、ソロ曲のコーナー。まずはユグォンが「皆さん知ってますよね?」と自身が作詞作曲を手掛けた『痛くない』を披露。ミディアムバラードな曲調に合わせて、ダンスを披露し、歌だけではなく、パフォーマンスでも会場を魅了。好きな人を見守る男性の切ない気持ちを、日本語の歌詞にしっかりと込めて歌い上げ、より一層曲の世界観が伝わるステージとなった。

 

一方のテイルも自作曲の『君はどこに(Japanese Version)』を熱唱。ユグォンが「ライブ前に調子が悪いって言ってたのに、むっちゃうまいじゃん!」と絶賛するほどの歌声で観客を魅了した。曲の終盤で透き通ったハイト―ンボイスが会場に響き渡ると、客席から思わず歓声が漏れる一幕も…。ライブでテイルの歌声を聞いたファンが涙するというエピソードも納得がいく。

 

 ©️アービング

と、ここでまたMCのトットが登場。今度は日本語のギャグにチャレンジしようということで、ブルゾンちえみの「35億」や、トレンディーエンジェルの「斎藤さんだぞ!」を「ユグだぞ!」と、自分なりのアレンジを加えながら、格好良く(?)披露。
ジェスチャーゲームのコーナーでは、正解した数だけ会場のファンに抽選でプレゼントが贈られるという嬉しいサプライズも用意されており、会場を大いに沸かせた。

再びライブに戻り、テイルがBlock Bのオーディションで歌ったという思い出の曲、パク・ジニョンの『너의 뒤에서』を披露。引き続き『Lost & Found feat. KEITA (w-inds.)』で圧倒的な歌唱力を見せつけると、会場全体がペンライトを振るのも忘れ、その綺麗な歌声に聞き入った。

 

©️アービング

続くユグォンは「初めてのバラードだから一生懸命練習した」という、HYの『366日』を披露。「やっぱりバラードは苦手」と言いながらも、会場の「良かったよ!」という歓声にホッとした表情を見せていた。続いて「皆さん一緒に楽しんで下さい!」とBASTARZの人気曲『品行ZERO(Japanese Version)』を披露すると、今までのしっとりとした雰囲気から一転、会場のボルテージは最高潮に達した。

 

 ©️アービング

アンコールではBlock Bの『Movie’s Over』を会場一体となって大合唱。「今回は(ライブハウスツアーということで)ファンとの距離が近くて嬉しい」と本人たちが語っていたように、ファンたち一人一人と丁寧に目線を合わせ、コミュニケーションを取りながら、ステージを思う存分楽しんだ。
 
Block Bとはまた違った姿を見せてくれた今回のT2Uライブツアー。その時々で様々な表情を見せてくれる彼らが、今後どのような姿を見せてくれるのか、これからますます目が離せない。

「Block B SPECIAL UNIT STAGE 2017 ~T2U~」
2017年8月27日(日) @梅田 CLUB QUATTRO
—————————————–
01. 君が好き(原曲:清水翔太)/T2U
02. 痛くない/ユグォン
03. 君はどこに(Japanese Version)/テイル
04. 너의 뒤에서(原曲:パク・ジニョン)/テイル
05. Lost & Found feat. KEITA (w-inds.)/テイル
06. 366日(原曲:HY)/ユグォン
07. 品行ZERO(Japanese Version)/ユグォン
アンコール
08.Movie’s Over/T2U
—————————————–
Block B JAPAN OFFICIAL SITE:www.block-b.jp/

Block B関連ニュースはこちら



Block B関連商品はこちら


特集