フリーワード検索

おすすめタグ

2016.09.29 04:15

【会員レポ】9/25「2016 LEE JONG SUK FANMEETING `VARIETY` in JAPAN」大阪公演レポ

9月25日、大阪Zepp Nambaでおこなわれた「2016 LEE JONG SUK FANMEETING `VARIETY` in JAPAN」。
待ちに待った日がやってきました。
 
午後4時開場。
着席し、ステージを今か今かと見つめているとやがて照明が落とされ、舞台中央にスポットライトが当たります。
濃茶のジャケットスーツに黒のシャツ、黒の靴を履いたスタイル抜群のジョンソクさんの登場!
客席からは悲鳴にも似た大歓声と拍手、私たちの頭上にはハートのオーラが満載。ピンクのハートがステージに向かって飛んでいくのが見えたような気がします(笑)。
 
少し落ち着き、司会と通訳の方を交えてのトークショーが始まりました。
所々に日本語を交えようと努力をしている様子に感動しました。
「もっと日本語を勉強してきて話せたらよかったのですが」と言ってくれましたが、私たちが韓国語を頑張るので安心してね(笑)。
 
さて、昨夜は道頓堀でゲームをしたり、プリクラを撮ったりしました、という報告が。
残念だぁ。昨日道頓堀にいれば良かった…客席の方々の中には道頓堀にいたという方もみえましたが、残念ながら誰もジョンソク君とは遭遇できず!
みんなインスタを見て、その夜は悔しい思いをしたはずです。
 
まずは映像の「イ・ジョンソク ニュース」を“キャスター”イ・ジョンソクが伝える形でステージが進行していきます。
その後ドラマ「W ~二つの世界~」の話へ。
内容がどちらでどうだったか、はっきり覚えていないので、思い出した内容で書き連ねてみます。
 
 
「インスタグラムによく写真を上げていますが、動物に変身?しているものもお気に入りのようで、よくアップされていますが、特に何が可愛いですか?」と司会の方が客席に質問。「犬!クマ!」など色々。
「これから何に変身して欲しいですか?」という質問に対して、「ミッキーマウス」「ピカチュウ」「ドナルドダック」といった声が上がりました。
ジョンソク君のお気に入りは「ピカチュウ」だったので今後は「ピカチュウ」姿がアップされることがあるかも…楽しみですね。
 
「W」が11月から衛星劇場で日本でも放映されるということで、ドラマのシーンについてのトークタイムに。
ただ、流されたドラマのシーンが非常に短く、30秒程度?だったので、ジョンソクさんからも「短いですね…」の一言が…。(しかしこれは大人の事情もあり、仕方ないことですよね)
そしてドラマに関連しての質問タイムが始まります。
 


 

「アクションシーンとキスシーンどちらが得意ですか?」という司会の方からの質問に対してジョンソクさん、答えに困っていましたが、困った顔をしながらも
「どちらも相手との呼吸が非常に大事な演技になります。しかし一歩間違うと大怪我につながるという事も思うとやはり、アクションシーンのほうが難しいかもしれません。キスシーンの方がましということですね(笑)」という返事。
 
「まわし蹴りの姿がかっこよかったですからこの場でやってくれませんか?」という問いかけには「パンツがタイトなもので、申し訳ありません~」というジョンソクさん。
確かにね~、ビリッていくと困りますもの(笑)。
 
 
「『W』はウェブ漫画の世界に入ったり、現実世界に戻ったりする話で、ジョンソクさんはウェブ漫画の主人公カン・チョルの役でしたが、もし何かの漫画の世界に入れるのなら、どの漫画の世界に入りたいですか?」という質問には
「『ワンピース』が好きなので『ワンピース』の世界に入りたいです」
「では何役をやりましょう?」
「ルフィーが良いです」
この答えに全員納得な感じでした。
 
 
この後、ジョンソクさんは衣装チェンジの為一度舞台裏に。
その間、司会の方からのクイズタイムとなりました。
 
 
衣装替えをして登場したジョンソクさんは白いシャツに黒いパンツ。
これまたスタイルの良さを披露。5kgも太ったとは全く思えない姿でした。
 
ここからはジョンソクさんの理想のタイプを会場から探し、ラッキーなことにその人がステージに上がってジョンソクさんからプレゼントがいただけるというコーナー。

まず、バラバラにパーツを選び、組み合わせていきます。顔の形、目、鼻、口、髪型。
一つ一つは「え~??」って感じのものもあったけれど完成したイラストを見ると、納得。
私的には司会の方によく似ていたような気がしますが(笑)、それをもとにカメラマンがこの人という3名をチョイス。
そのうち1名が舞台に上がります。何ともうらやましい!!!!
舞台ではジョンソクさんから歌のプレゼント。得意ではない歌を一生懸命心をこめて歌っている様子に心を打たれながら、でもステージに上がっている方に嫉妬しながら聞いていました。
歌っている間も、その方を見つめたり、肩に手を置いたり、手を繋いだりと、うらやましいことだらけ。
客席にもおまけでフォトタイムも準備してくれたので、みんな一気にカメラマンに変身しました。
 
 
次は会場からの質問に答えるコーナー。2名が選ばれ、ジョンソクさんが質問を受け、またジョンソクさんから質問を返す、という方式。
 
一人目のファンの方からの質問は
Q. 色々な女優さんと共演していますが、いい雰囲気になったり、恋をしたりすることはありませんか?
A. 確かに役に入り込んで錯覚をしてしまう事もありますが、皆さんもご存知のようにスタジオにはたくさんの撮影スタッフがいますのでそのような事はありません。
ときっぱり!!
 
続いてジョンソクさんからの質問は
Q. お付き合いされている方はいらっしゃいますか?
A. 結婚していますが、今日は主人に内緒で母と来ました。(会場爆笑)
 
 
二人目のファンの方からの質問は
Q. 好きな食べ物は何ですか?
A. すき焼き、ハンバーグステーキ、しゃぶしゃぶも好きです。お酒に弱いのでほとんど飲みません。先日もマネージャーは飲みに行っていて、うらやましかったです。
 
これに対するジョンソクさんからの質問は
Q. 好きな歌手はいますか?
A. キム・ジェウクさんのバンド「Walrus」が好きです。
 
ファンの方が答えた後、更に「ジョンソクさんはどんなバンドが好きですか?」と質問をされたところ「M.CThe MAXというバンドが好きです」と答えてくれたジョンソクさんでした。
 
 
 
そして最後に、ジョンソクさんからのプレゼントのバラードの披露とフォトタイム。
アンコールでも再び歌を披露してくれました。
 
 
大盛況のうちにファンミーティングを終え、いよいよ全員とのハイタッチ!
本当に沢山のファンの為に、嫌な顔一つせず笑顔でハイタッチ。
身体の悪い方には駆け寄り、手を差し伸べてあげる優しさ。益々大好きになってしまいました。
 
私は韓国語で「会えて嬉しかったです」と伝えると「ありがとうございます」と返事を頂きました。
本当に色が白く、背が高く、脚が長く…ほめればきりがありません。
 

両の眼がハートになった一日が終わり、今や現実の日々。またこれからもジョンソクさんを応援する為に、しっかり働きます!!
 


特集