フリーワード検索

おすすめタグ

2015.05.14 10:58

【会員レポ】5/9「THE CRISHOWⅢ」神戸公演レポ

「2015 JANG KEUN SUK THE CRISHOWⅢ」5月9日の神戸ワールド記念ホールでのアリーナ公演初日。
 
朝8時半、神戸へ向かって自宅を出る。出る前の持ち物点検。
・チケット(これがなきゃ始まらない)
・免許証(いつも財布に入ってるからと油断は禁物)
・ペンライト(電池もあるわね?)
・折り畳み傘(言わずと知れたウナギ必需品)
 
よし!今日もがんばるぞ!
9時33分、三ノ宮着。
ポートライナー改札前でうな友二名と合流。時間は早すぎるけど取りあえず会場を見に行くため市民広場駅へ向かう。
 
10時、神戸ワールド記念ホール着。
2013年2月のTEAM H PARTY以来二年ぶりに来た。
あの時は二日とも仕事帰りに夜来たので会場周辺の状況はあまり分からなかったけれど、今日来てみると人工島であるポートアイランドだけあって計算された美しい街並み、会場の周囲は神戸国際展示場やスポーツセンター、高層マンションが立ち並び子供の頃に描いた未来都市そのものであるが、この町が出来てから30年以上経っているというのは驚きである。
 
さて、レポレポ!
 
そうこうしてるうちにパラパラ雨が…やっぱりね(笑)。
ウナギの皆さま、平然と折り畳み傘を取り出します。
【ウナギ格言その1:ペンライト忘れても傘忘れるな】
 
ウナギが集まると「どこから来られました?ホール公演は何回?岡山?私も行きました。いつからウナギさんに?」等、ウナギトークが繰り広げられます。
【ウナギ格言その2:ライブで出会ったご縁を大切に】
 

午後5時開場。アリーナ公演だけあって久しぶりの大人数。会場に入るのにも時間が掛かります。チケット、免許証を見せて、持ち物チェックを受けて、いざ会場内へ。
広ーいです。TEAM Hのセンターステージとは違い、最もシンプルな座席の配置。
花道もない。80年代、高校生の時に行ったコンサート会場のような、モノクロームの世界です。
 
 
午後6時。注意事項の場内アナウンスがあり緊張が高まります。
観客1万分の1=1の私がこんなに緊張するんだから、たった一人で皆の視線を集めるぐんちゃん本人の緊張感は如何ばかりか。母親のような心配な気持ちやライブへの期待感が入りまじり、一言でいうと“めっちゃドキドキやねん!”
 
会場が暗くなり、観客の視線がステージに集まり、背筋がゾクゾクし始めた瞬間、懐かしいぐんちゃんの歌声が…。
本日の髪型は栗色ゆるふわカールの髪をやや左よりのほぼセンターで無造作に分けており「きみはペット」のモモちゃんを思い出す。
 
前半はバラード、モノクロームでしっとり。
そしてトークも初日の緊張のためか、ウナギの好物「えーじゃねぇよ」「うっせー」も出なかった。
その代わり「チャングンソクを作ってくれてありがとう」の言葉にウナギ号泣。
 
中盤はロックンローラーぐんちゃん。
首にはチョーカーとスカルのネックレス。ムギョル降臨。やっぱりうれしい。
歌ってるときの目つきがまさにムギョルだったんです。
変幻自在、チャングンソクの魅力ですね。

アリーナ公演ではCRISHOWⅡを思い出させる場面も。
ダンサーさんと一緒に華やかなステージ。客席に向けたレーザーなどの照明やミラーボール、プロジェクションマッピングなど広さを生かした迫力ある演出。
 
どのぐんちゃんも素敵なんですが「Serenade」のぐんちゃん、後光が差して見えた。
美しい、眩し過ぎます。
 
そして「風」ではホール公演より左右に広くなったアリーナVer.のスクリーンに映し出される映像とぐんちゃんの歌声。何故だか胸の奥からこみ上げる感情。
長年心の中に積もったものが洗い流されていく、そんな気がしました。
 
 
アンコールではノリノリのお茶目なぐんちゃん。
「一緒に作ったメロディ」を歌いながら観客席へ。
ホールとは違い、通路を回ることはできなかったけれど、ウナギのそばへと言うグンちゃんの思いは伝わったはずです。
 
そしてそして、最後のエンドロールは見ないともったいない!

ぐんちゃんを見送った後、駅までの帰り道。
みんな幸せそうです。確実に元気満タン、チャージされました。
うな友同志で感想やダメ出し、ツッコミいろんな声が聞こえてきます。

あーだ、こーだ批評するのも「私はこんなにぐんちゃんのことを知っている。こんなにぐんちゃんのこれからを考えている」という表れなんですよね。
そして最後はみんな「可愛かったね、素敵だったね。また今度の公演が楽しみだね」となります。

ぐんちゃん、ダンサーさん、バンドの方々、スタッフさん、ウナギ達、
みんなで作るCRISHOW、10でも20まででも私はやめられそうもありません。
感謝の気持ちで神戸公演初日レポートを終わります。

ありがとうございました。カムサハムニダ~!
 


特集