フリーワード検索

おすすめタグ

2014.05.08 04:50

5月8日は「オボイナル」

ゴールデンウィークが終わり、もうすぐ母の日。
日本では5月の第2日曜日が母の日として、6月の第3日曜日が父の日として、それぞれお母さんとお父さんへの感謝の気持ちを伝えますよね。
お国が変われば…ということで韓国の母の日と父の日はいつなのか、皆さんご存知でしょうか?

実は「韓国には母の日と父の日は存在しない」というのが正解なんです!

韓流スターの発言や韓国ドラマを見ていると、お父さんとお母さんを大切にする姿をよく見ますし、そもそも両親を敬う儒教の国なのに父の日と母の日が無いなんて!…と意外に思われた方も多いのでは?
そう、正確に言うと「母の日、父の日」というのは存在しませんが「両親の日」は存在するのです。
韓国では毎年5月8日は「어버이날(オボイナル)」といい、両親への感謝の気持ちを表現する日になっています。

過去にさかのぼって調べてみると、韓国で「オボイナル」が5月8日に決められたのは1956年。
でも、その当時の名称は「両親の日」ではなく「어머니날(オモニナル:母の日)」だったといいます。

しかし、5月8日に親孝行に関する行事がおこなわれる風習が広まる中で「じゃあ父の日は?」という意見が高まった為、1973年に「オモニナル」から「オボイナル」と名称が正式に変更となりました。

…そう言えば、授賞式等で韓国のスター達が受賞コメントを述べる時「사랑하는 우리 엄마 아빠(サランハヌン ウリ オンマ アッパ: 愛するお母さん、お父さん)」といった風に、先に“お母さん”を挙げることが多く、両親に呼びかける時はなんとなく「お父さん、お母さん」という順番に慣れていた日本人の私は、韓国の「オンマ、アッパ」に違和感みたいなのを感じたことを思い出しました。

お母さんを先に言う理由については、お母さんのお腹の中で育ち生まれて来たという意味で優先順位がお母さんとなるのかな?と、なんとなく勝手に解釈していたのですが、気になってコアリの韓国人スタッフに尋ねたところ「『オモニ、アボジ』のほうが『アボジ、オモニ』よりも発音しやすいからかな?」という答えが返ってきました。(←こちらも事実は定かではありません…)

そんなわけで、韓国のオボイナルもカーネーションの花をプレゼントするという風習は日本と同じ。
オボイナルの日には駅前やコンビニ等にも赤いカーネーションが売られており、カーネーションを手に帰宅する学生さんや会社員の姿も多く見られます。
そして、カーネーション以外にもプレゼントを贈るのも日本と同じですが、旅行をプレゼントするというケースも多く、もしくは単刀直入(?)に現金をプレゼントすることも。

また、毎年5月8日前後になると「효(孝)コンサート」というテーマで、トロット歌手によるコンサートやディナーショーが全国各地で開催されます。
今年もお父さんお母さんのアイドルともいえるキム・ヨンジャやテ・ジナといった人気トロット歌手の孝コンサートが。
公演チケットを予約して、両親に楽しい思い出をプレゼントというのもステキな親孝行ですよね。

コアリの会員の皆さんも、お父さんが大好きな韓流ドラマのDVDや、お母さんの大好きな韓流スターのグッズ等々プレゼントしてみてはいかがでしょうか?^^

…そんな訳で、先日までコミュニティにて募集していた
「母と一緒に見たいドラマは??」(もしくは子供と一緒に見たいドラマ)のアンケート結果を発表!!
プレゼントに韓流ドラマのDVDやOSTを考えてる方は、ぜひご参考に!!^^
 
ラブレイン

・もうこれにつきます。親からの目線の恋愛そして娘目線の恋愛。いつも時代になってもその時の恋愛があるってこといろいろお話しながら見たいと思います。
・70年代と現代 それぞれの世代の愛の表現 愛の葛藤 親と子の立場、お互いを思いやる心情を丁寧に描いて、映像が美しく ハッピーエンドで終わり素敵なドラマです。特にチャン・グンソクは2役を別人に見えるほど 見事に演じています
・親子二代に渡る運命の赤い糸。古きよき時代から現代へ。
母も私も共感しながら一緒にときめけそうです。
・うちは男の子、三人だけど是非娘とみてみたいドラマです。
こんな出会いをしてほしいですね!

このドラマは、2世代の愛を描いているので、親と子で楽しめるドラマですよね!
親目線・子目線で、ドラマについて語り合えそうです^^

 

美男ですね

・いつも私がリビングで「イケメンですね」を見ていると、自然と子供達も集まってきてドラマに見入ってマス(*´ω`*)このドラマの見所&魅力は何と言っても、キャストに華があるところ(特にグンちゃんが♥)と究極のラブコメとも言える程のテンポの良さ&有り得ない面白エピソードがてんこ盛りなところかな、と思いマス。
次々とストーリーがオモシロ展開されていくので繰り返し子供と見ても飽きがこないのと、子供と一緒に見ても全く安心な可愛いらしいお話(私がそう思っているだけ?)なので、私の中の「子供と一緒に見たいドラマ」ランキング第一位に挙げさせて頂きました次第であります。
ほんとに究極のラブコメディ!子供から大人まで楽しめますよね♪

・男性俳優の好みの違う母と4年前に別々に観ていたのに今では二人とも立派なうなぎです♪
一度は母と一緒に観てみたいドラマです(^o^)/
・私は断然テギョン派、子供たちはシヌ派。いつも好みが違うけどこのドラマは3年以上経っても親子の会話を楽しませてくれます。
たしかにテギョン派、シヌ派、ジェルミ派と好みが分かれるので、家族で見ると盛り上がります!
 
レディプレジデント~大物

・政治物だけど とても面白くて心温まるドラマです。
ソ・ヘリムみたいな人が本当の大統領だったらと思ってしまいます。恋愛ものではないので照れずに 母親、父親、子供とも一緒に観れると思います。
堅苦しい政治物のドラマの中でハ・ドヤ検事が とてもいい味出してます。
・母だけでなく父とも・・・家族で見たい作品です。

社会派ドラマがランクイン!
このドラマはほんとに母・子だけでなく、父親とも一緒に楽しめますね!
父の日のプレゼントにもいいかもw

 
~その他のご意見~
○華麗なる遺産
・個人的に大好きなドラマなのですが、これは是非家族で一緒に見てもらいたいです!
家族の大切さや、一生懸命生きることの重要さ、お金では買えない幸せ、といったことを感じてもらえる“教育ドラマ”です!(笑)
 
○がんばれ!クムスン
・財閥の醜い後継者争いや陥れ、復讐の殺人や血にまみれた惨劇もなく親子愛・兄弟愛・義理人情・恋愛 あらゆる立場の愛がありお笑いもあって家族で見るにはもってこいです。
特に母子愛は母と娘、母と息子、嫁姑までありほろっとさせられます。
主演のハン・へジンはどんどん綺麗になって行くし、カン・ジファンは素敵だしうちではこんな息子がほしい~と母がカン・ジファンに嵌りました。
 
○ファンジニ
・やはり、ファンジニですね♪85才の母は、これを見て、グンソクファンになりました!
悲恋物語で、亡くなるときは、涙が止まりませんでした!今一度、母と見たいドラマですね。

韓国ドラマ関連商品はこちら


特集