フリーワード検索

おすすめタグ

2014.03.10 01:05

K-POP特集 INFINITE & B.A.P

K-POPアイドル紹介 第2弾!!
今回は、INFINITE&B.A.Pをご紹介♪

INFINITE

先月末のコンサートで、4月カムバックを予告したINFINITE。
 

(左から)
ソンヨル(本名 イ・ソンヨル) 1991年8月27日生まれ
ホヤ(本名 イ・ホウォン) 1991年3月28日生まれ
ソンジョン(本名 イ・ソンジョン) 1993年9月3日生まれ
エル(本名 キム・ミョンス) 1992年3月13日生まれ
ドンウ(本名 チャン・ドンウ) 1990年11月22日生まれ
ソンギュ(本名 キム・ソンギュ) 1989年4月28日生まれ
ウヒョン(本名 ナム・ウヒョン) 1991年2月8日生まれ

2010年Mnetのバラエティ番組「INFINITE あなたは私のお兄さん」でデビュー。当時、事務所の先輩だったEpik Highがプロデュースということもあり、デビュー前から話題に。2011年ミニアルバム「Evolution」のタイトル曲「BTD」で見せた『サソリダンス』が話題となり、その後1stアルバム「Over The Top」のタイトル曲「Be mine (내꺼하자)」がヒット。音楽番組で初の1位を受賞し、人気アイドルグループの一員に。その後もヒット曲を次々と発売。先月末のコンサートで4月カムバックを予告し、ファンの期待を集めている。
 

勝手に分析♪ 

☆親しみやすさ
メンバーもよく口にしていますが、INFINITEといえば親しみやすさ!ファンとの距離が近く、音楽番組の収録やサイン会などファンとまるで友達のような会話をするのをよく見かけます。ソンギュが自分でよく言っていますが、外見的にも親しみやすいメンバーが多いので、余計に親近感が湧くようです(笑) 最近では音楽番組で1位を何度も取り、様々な賞も受賞したりとすっかり人気者のINFINITEですが、今も相変わらずファンサがいいので、それが人気の秘訣かも、、、?
 
☆楽しいコンサート
INFINITEの曲は、耳に残りやすいメロディーライン、テンポの速いダンスチューンが多いのが特徴。それもあってINFINITEのコンサートは、INFINITEのファンでなくても楽しいと評判。シンクロ率99.9%と言われるほど、息の合ったダンスパフォーマンスに、アイドル界屈指の(?) ボーカルの実力があるソンギュとウヒョンで、より迫力あるステージに。そこにINFINITEらしく、ファンが楽しめるソロなどのスペシャルステージ&得意のファンサービス!DVDで見ても楽めます♪
 
☆バラエティドル
リアリティ番組に出ることが多い、INFINITE。デビュー番組もそうですが、その後も「ゴマ粒プレイヤー 」「INFINITEの序列王」。。。最近では「ディス・イズ・インフィニット」など様々な番組に出演し、アイドルながらも飾らない姿を披露。中でもいろいろなアイドルが毎週出演することで人気のある「週刊アイドル」にINFINITEが出演した時は、リーダーソンギュをMC&メンバーみんなでイジり、面白いと話題に。その後、メンバー個人でもいろいろな番組に出演するなど「バラエティドル」としても活躍。
 

INFINITE Man In Love (남자가 사랑할 때)

INFINITE “Request” MV

~関連商品~

セール中!

「INFINITE 1ST ARENA TOUR IN JAPAN」DVD
 

     

ポスタープレゼント!
下記のCDご購入の方に、特典でINFINITEのポスタープレゼント!(ポスターの種類は選択できません。)

INFINITE – Destiny [2nd Single]

      

INFINITE – Infinite Idea 写真集

     

※折りたたみでの簡易封入となります
※3/25までのご購の方が対象で、ポスターがなくなり次第終了致します。
 

 


B.A.P

先月「1004」でカムバックしたB.A.P!

(←左から)
ジョンアプ 1995年2月6日生まれ ボーカル&ダンス
デヒョン 1993年6月28日生まれ ボーカル
ヒムチャン 1990年4月19日生まれ ボーカル
バン・ヨングク 1990年3月31日生まれ ラップ
ZELO 1996年10月15日生まれ ラップ&ダンス
ヨンジェ 1994年1月24日生まれ ボーカル

 
2012年にデビューした男性グループ。B.A.Pとは「Best Absolute Perfect」という意味。女性アイドルグループSecretと同じ事務所ということもあり、デビュー前から注目を集め、デビューショーケースでは3000人余りを動員。その後、CDを立て続けに発売、ほとんど休むことなく活動を続け、どんどん人気に。2013年にはアメリカ、日本などを回ったワールドツアー「LIVE ON EARTH PACIFIC」を成功に収め、その後、日本でも「WARRIOR」で正式デビューした。2014年には、「1004(ANGEL)」で自身初の韓国音楽番組1位も獲得している。
 

 勝手に分析♪ 

☆デビュー前から人気
ヨングク&ZELOは、B.A.Pデビュー前からふたりでユニットを組み「Never Give Up」という曲で活動。特にZELOは当時中学生でしたが、中学生ながらもプロ級のラップ&ダンスの実力、そして180cm を超える身長でデビュー前から話題となっていました。またヨングクは、このほかにもSecretのジウンとフィーチャリングし、注目を集めていました。その効果もあって、デビュー時にはすでにたくさんのファンが。。。!デビュー後は、他のメンバーたちもそれぞれ魅力を発揮し、どんどん実力派アイドルグループへと進化しています。
 
☆他のグループと差別化
様々なアイドルが毎年次々とデビューしていますが、売れるアイドルの特徴としてコンセプトがぶれないことは大事。B.A.Pもそんなアイドルの代表。デビュー曲から、強烈でハードコアなイメージを貫いて、B.A.Pだけのスタイルを定着させ、韓国だけでなく海外でも人気を得ています。また、ファンたちの応援法も独特で、なんとホイッスルを利用!ファンが掛け声だけでなくホイッスルも使って応援することで、一緒になってステージを作ってる感じが増して、より熱の入った応援に^^そしてマスコットキャラクターがあるのも特徴的。マスコットキャラクターのマトキ(マスクをかぶったウサギ)は今では認知度も上がり、B.A.Pのトレードマークとなっています。
 
☆イメージとは違い
力強いステージの印象から、一見恐そうなイメージにも見えますが、バラエティ番組で見るメンバーたちは、むしろ少年っぽいイメージ。末っ子組のジョンアプとZELOは、年下だからかおっとりでどちらかというと控え目。そしてリーダーヨングクも、(こちらは一番年上なのに)超おっとり系で話し方もゆっくり。リーダーなのに普段全然怒らないので「バン菩薩」と呼ばれたりも(笑)
後の3人(ヒムチャン・デヒョン・ヨンジェ)は、明るくバラエティ向けな性格ですが、まだまだ初々しい感じがヌナペンの心を揺さぶります♡

B.A.P _ NO MERCY MV

B.A.P – 1004(Angel) M/V

~関連商品~

セール中!
B.A.P 「NO MERCY」 【Type A】 (マキシシングル+DVD)

     

セール中!
B.A.P 「ONE SHOT」 【Type-A】 MAXI SINGLE+DVD

     

好評販売中♪
B.A.P 1集 – First Sensibility

     

 


特集