フリーワード検索

おすすめタグ

2013.12.09 04:03

キレイな男 勝手にレビュー♪(第5話)

キレイな男<예쁜남자>
第5話 ~12/ 4O.A.~

ドラマも第5回目となった「キレイな男」勝手にレビュー、早速始めたいと思います!
担当はヒマワリです^^ よろしくお願いします。

ジェッキからお金とは何かという事を学んだマテは、次に現れた第二の女、エレキ巫女から他人の心を操る方法を得ることはできるのか?掃除靴下はどうする?など数々の問題を残して終わった第4話。
続く第5話は、ユラの課題をなんとかクリアしていく過程で成長するマテの姿に、頑張れ~!マテ!と、益々応援したくなるお話となっています。

今回、マテは得意の色男ぶりでエレキ巫女の攻略に成功し、新たに出現した第3の女性の協力を得て掃除靴下の販売を成功へと導く展開に。そんな中、ボトンとダビデは、掃除靴下を売る戦略を練るために同居(?)することになるなど急接近!親しげな二人を見てマテはやきもちを焼いちゃって…と、今回もテンポよく展開しいくストーリーに目が離せませんでした!

それでは、第4話で、気になる終わり方をしたマテとユラのシーンから。
前回のラストでは、ユラが泣きながらマテに抱きついちゃってましたね…


 
何があったのかと聞くマテに、ナ・ホンラン副会長が娘を留学に出すつもりだと話し、辛いわ…行くところがなかったの…とマテに弱い女の一面を見せるユラ。
早くお互いの場所を取り戻さないと、と励ますマテ。

しかし…マテの部屋からの帰り際。

       マスカラ滲んじゃったわ~。頑張ってね、マテ。

え~~! 嘘泣きでしたか!さすが女狐。

シーンは変わってボトン。

 
マテとユラが抱き合うシーンを見てしまった後、賞味期限切れのカルビと焼酎でヤケ酒。
さらに、稼げないなら嫁に行きな!とお母様から説教され、酔っぱらった勢いで就職して寮に入ると言ってしまうボトン。

ここで、テント暮らしが趣味という「テント王子」ことダビデ登場!
自分家のお庭のテント前で優雅にモーニングコーヒー。
 

ダビデの部屋を借りる提案を受け入れるというボトンからの電話に
 
          ダビデ、ガッツポーズ! 

しかし、ときおり出てくるダビデの「あはあはあはっ」というビミョ-な笑いが気になるのは私だけでしょうか…?
とりあえず、ボトンとダビデの共同生活が始まり、仲良く一緒にお掃除靴下の販売をがんばるべく、ファイティン!

翌日、ダビデはMGホームショッピングで、編成部長にお掃除靴下の販売を交渉しに行くが撃沈…
ボトンがダビデを待っていると、マテが登場。

マテ「なんで電話に出ないんだ」
ボトン「携帯忘れっちゃって」
ダビデ「ボトン氏、携帯。ほら、僕の部屋のベッドにあったよ」
ボトン「ごめんなさい。家まで取りに行ってくれたなんて」
意味シンな会話を続けるボトンとダビデに、マテは焼きもちをやいちゃいます。


         お前、本当に昨日の夜この男と一緒にいたのか…?

ボトンを間に挟んでイケメン二人が言い争うシーン。
しばし、ボトンを自分に置き換えて妄想タイム❤

所変わって、マテはエレキ巫女から、他人の心を操る方法を聞き出すことに成功。

 

사람의 마음을 조종할수 있는 방법을 알고 싶다고 했지. 버튼을 찾아. 그 사람을 조종할수 있는 그 사람만의 버튼. 그 버튼을 찾아 누르면 마음을 조종할수 있게 돼.
他人の心を操る方法を知りたいと言ったわね。ボタンを探しなさい。その人を操ることができる、その人だけのボタン。そのボタンを探して押せば、心を操ることができるようになるわ。


                  ボタン…?

マテがエレキ巫女から、他人が心の奥底に隠しているボタンを見つけ出す方法について個人レッスンを受けていると、ボトン登場。

普通の人の心のボタンを見つけるのは至難の技だが…
 
ボトンはボタンだらけ…(笑)ちなみにこの日のストッキングは白黒である点にも注目(別注かな…)。

マテはエレキ巫女のレッスンを実践して編成部長に近づこうとするが、読みがはずれて作戦は失敗してしまい…またまたエレキ巫女に相談しに行くマテ。エレキ巫女は、「私があなたのボタンを押せば、あなたは私にキスすることになるわ」と言い、MGホームショッピングの社長に影響力を持つキム・インジュンに電話します。

 
            本当に、キスさせるボタンだ。

 
         きゃ~!鼻キッス!!

マテファンの皆様、このシーンはアリでしょうか…

 
ここで登場した「人脈の女王キム・インジュン」。彼女こそマテが次に攻略せねばならない第3の女。「マテにとって必要なもののひとつは人。彼らの中に、お金や名声、成功もあるわ。人脈とはそれだけ力のあるものよ」ユラが容易な女ではないというキム・インジュンを果たしてマテは攻略することができるでしょうか。

さて、このキム・インジュンの登場で靴下販売は急展開。トントン拍子に話が進み、掃除靴下がMGホームショッピングで放送されることに。
放送日当日、スタジオに集まったマテ、ボトン、ダビデの三人が心配そうに見守る中、掃除靴下の販売は大成功!みるみるうちに売上数は上昇し、10万足の靴下があっという間に完売します。

話は変わりますが、この日のボトンのファッションだけは言及しておきたいので、画像載せときます。
 
個性的の域を超えたジョウロ型バッグに注目!拾ったジョウロをボトンオリジナルバッグにリメイク。

 
ちなみに(関係ありませんが)、個人的にはステージ衣装?のようなゴージャスすぎるユラのファッションも好きです(笑)

話を戻します。
マテは、苦労して得た成功の喜びを一人噛みしめながら、「ボトン、ありがとう。ご褒美に俺の写真10枚撮ってもいいぞ」と、ボトンと喜びを分かち合うためにスタジオに戻ります。
と、そこには手を取り合って喜ぶボトンとダビデの姿が。
その時、マテにはボトンを見つめるダビデの胸に光る「心のボタン」が見えてしまうのです。

 
         ダビデの心のボタンは、キム・ボトン…?

さてさて、ボトンを巡るマテ、ダビデの三角関係はどうなっていくのか。
次回の展開が気になります~!


特集