フリーワード検索

おすすめタグ

2020.03.18 03:01

キム・ミョンミン、SHINeeミンホら共演!映画「長沙里9.15」5月日本公開決定!

「友へ チング」 クァク・キョンテク監督最新作!
キム・ミョンミン、SHINeeミンホ&ミーガン・フォックスら豪華キャスト共演。
映画「長沙里9.15」 
5月1日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、5月15日(金)シネ・リーブル梅田にて公開

 
長沙里,長沙里9.15,キム・ミョンミン,ミンホ,SHINee,キム・ソンチョル,キム・イングォン,ジョージ・イーズ,ミーガン・フォックス,韓国映画,BattleofJangsari
©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 

[韓国エンタメニュース]

朝鮮戦争で伝説の作戦とも言われたクロマイト作戦(仁川上陸作戦)の裏側で、事実上捨て駒となった学生兵たちとその指揮官の壮絶な死闘を描いた本作。

 

長沙里,長沙里9.15,キム・ミョンミン,ミンホ,SHINee,キム・ソンチョル,キム・イングォン,ジョージ・イーズ,ミーガン・フォックス,韓国映画,BattleofJangsari
©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

長沙里,長沙里9.15,キム・ミョンミン,ミンホ,SHINee,キム・ソンチョル,キム・イングォン,ジョージ・イーズ,ミーガン・フォックス,韓国映画,BattleofJangsari
©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

長沙里,長沙里9.15,キム・ミョンミン,ミンホ,SHINee,キム・ソンチョル,キム・イングォン,ジョージ・イーズ,ミーガン・フォックス,韓国映画,BattleofJangsari
©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 

悲壮な覚悟で部隊を指揮するイ・ミョンジュン大尉を演じるのは『V.I.P. 修羅の獣たち』を始め数々の映画に出演し、常に韓国映画界の最前線を走り続ける演技派俳優キム・ミョンミン。

そして真っ直ぐな眼差しで若者たちを引っ張る元学生水泳選手の分隊長を演じるのが『アンダードッグ 二人の男』でマ・ドンソクを相手に抜群の存在感を見せた人気アイドルグループSHINeeのメンバー ミンホ。

更には『トランスフォーマー』『ミュータント・タートルズ』シリーズのハリウッド女優ミーガン・フォックスが、ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の従軍記者で、のちにその取材記事で女性として初めてピューリッツァー賞を受賞したマーガレット・ヒギンズを熱演するなど、傑作『友へ チング』で世界の喝采を浴びたクァク・キョンテク監督の下に豪華キャストが結集!

名もなき英雄たちの実話を基に、ド迫力のアクションとエモーショナルなストーリーが見事に融合した新たな戦争映画の傑作を誕生させました!

 

【ストーリー】
北朝鮮の猛攻を受け敗走を続けた韓国軍は、戦況を打開するためマッカーサー将軍の指揮下で大規模な上陸作戦を計画していた。それが後に伝説とも言われるクロマイト作戦(仁川上陸作戦)である。

奇襲上陸をなんとしても成功させるべく、軍上層部は無謀とも言える陽動作戦を発動する。
「長沙里(チャンサリ)に上陸せよ」と命じられたイ・ミョンジュン大尉(キム・ミョンミン)らが率いるのは、訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の学生兵たち。

使い古された武器とわずかな弾薬、そして最小限の食料だけを支給された彼らはまさに「捨て駒」だった。
それでも祖国のため、愛する者たちを守るため、土砂降りのごとく降り注ぐ銃弾を受けながら、部隊は決死の上陸を試みる。

■出演
キム・ミョンミン
ミンホ(SHINee)
キム・ソンチョル
キム・イングォン
ジョージ・イーズ
ミーガン・フォックス
 
■スタッフ
監督:クァク・キョンテク、キム・テフン
脚本:イ・マニ
音楽:モク・ヨンジン
撮影:キム・ソンファン
製作:チョン・テウォン『三国志』
 
原題:장사리: 잊혀진 영웅들(英題:BATTLE OF JANGSARI)/2019/韓国/104分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/韓国語・英語/字幕翻訳:石井絹香
 
配給:クロックワークス
 
公式サイト:http://klockworx-asia.com/jangsari/

韓国エンタメ・トレンド情報サイトKOARI


「長沙里9.15」韓国版DVD/Blu-rayを購入する

 

キム・ミョンミン関連商品を購入する
キム・ミョンミン関連記事を読む
キム・ミョンミン関連コラムを読む

SHINee関連商品を購入する
SHINee関連記事を読む
SHINee関連コラムを読む


特集