フリーワード検索

おすすめタグ

2020.02.19 05:04

ポン・ジュノ監督、「パラサイト」モノクロ版について語る

ポン・ジュノ

 

[韓国エンタメニュース]

ポン・ジュノ監督が韓国にて26日公開される映画「パラサイト」モノクロ版について語った。
 
本日(19日)ソウル・ウェスティン朝鮮ホテルで行われた映画「パラサイト」記者会見でどのような意図でモノクロ版を公開するのかという質問に「大きな意図があるというよりも古典映画や昔のクラシック映画たちに対しての憧れ、俗に言うロマンがありましたので」と答えた。
 
続いて「全世界の映画がモノクロの時期もあったじゃないですか?僕がもし今1930年代に生きていて『パラサイト』をモノクロで撮っていたらどのよう雰囲気なのか、いつもこのような映画的好奇心を持っています。僕だけでなく映画ファンや映画マニアの方々ならば、このような関心を持っていると思います」とした。
 
また「ロッテルダム映画祭で上映をしましたがとても妙な気分になります。同じ映画ですがカラーが無くなるだけで、こんなにも違う雰囲気になるんだなと思いました。見る方々によっては、捉え方も違ってきますし、僕が先入観を与えるわけでは無いですが、ロッテルダムで1人の観客が『モノクロで見ると更にスクリーンから匂いがするみたいだ』と言っておられ、どういうことだ?と僕も少し気になって、その意味を考えたりもしました。俳優の方々の細かな表情演技や繊細な演技ディテールだったりニュアンスがより敏感に感じることが出来ます」とした。
 
最後に「様々なカラーたちが無くなり俳優の方々の眼差しや表情に更に集中できます。それ以外にもいくつかの雰囲気がありますが、僕が先にその雰囲気を語るよりも見ながら一度感じて頂ければ面白い体験になるのではと思います」と語った。

ポン・ジュノ

ポン・ジュノ

 

「パラサイト」は、去る5月行われた第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を始め、第77回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞、第26回米国映画俳優組合賞(SAG)でアンサンブル賞、第73回英国アカデミー賞で外国語映画賞・脚本賞、第92回アカデミー賞で作品賞・監督賞・国際長編映画賞・脚本賞を総なめにした。これは全て韓国映画史上初の受賞記録だ。また現在日本でも絶賛公開中だ。

 
韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

parasite,寄生虫,パラサイト
映画「パラサイト 半地下の 家族」関連商品を購入する

パラサイト
ポン・ジュノ監督関連商品をみる

パラサイト
映画「パラサイト」登場ロケ地&チャパグリの作り方をみる

 映画「パラサイト 半地下の家族」関連記事を読む

 ポン・ジュノ関連記事を読む


特集