フリーワード検索

おすすめタグ

2020.02.17 05:04

​キム・ソンリョン、「パク・シネと3回目の共演…いつも娘のようだ」

キム・ソンリョン,パク・シネ
 

 
[韓国エンタメニュース]

女優キム・ソンリョンとパク・シネがお互い頼りにしながら撮影をしたと告白した。
 
パク・シネ&キム・ソンリョンは、本日(17日)午前11時狎鴎亭CGVで行われた映画「CALL」制作報告会で3回目の共演についての感想を語った。
 
まず、劇中ソヨン(パク・シネ)の母親を演じたキム・ソンリョンは「実際に私の2人の息子を愛する以上に、映画で娘を守ろうとする母性愛が強く表れたのではないかと思います」と自身が演じたキャラクターについて紹介した。
 
続いてドラマ「美男〈イケメン〉ですね」、「相続者たち」に続いて3回目となる共演についてキム・ソンリョンは「初めて娘として共演しましたが、何度も共演をしたからではなく、パク・シネはいつも娘のようです」と語った。
 
またパク・シネは「キム・ソンリョン先輩のご長男さんが幼い頃から私の事を好きだとおしゃっておられました。なので、親しみやすく撮影しながらもとても楽しかったです。先輩を頼りにしながら撮影が出来た点もとても良かったです」と語った。
 
またキム・ソンリョンは「娘だが友達のような感じもしました。作品を共にしながらシネがとても心強かったです。母親が娘を頼るかのように私も彼女を頼り、友達みたいでとてもリラックスしながら撮影が出来ました」と答えた。

 

映画「CALL」は、過去と現在、お互い違う時代に住んでいる2人の女性が一通の電話で繋がることから起きる物語を描いたミステリースリラーだ。また韓国にて3月公開予定だ。

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOAIR

 

 映画「CALL」関連記事を読む

パク・シネ関連商品を購入する
パク・シネ関連記事を読む
パク・シネ関連コラムを読む


特集