フリーワード検索

おすすめタグ

2020.02.05 05:01

​パク・シネ、強烈なスリラーでカムバック…映画「CALL」

パク・シネ
パク・シネ
 

 
[韓国エンタメニュース]

ジャンル不問、ずば抜けたキャラクター消化力を誇る女優パク・シネが今年最も気になるミステリースリラー映画「CALL」で過去を変える女性ソヨン役として過去最高の演技変身を披露する予定だ。
 
ブラウン管からスクリーンを行き来し安定した活躍で独歩的存在感を確認させるパク・シネが今作でフィルモグラフィー史上、最も強烈なスリラー演技を繰り広げると予告し期待を集めている。
 
映画「CALL」は、過去と現在、お互いに違う時代に生きている2人の女性が一通の電話で繋がり、そこから起こる物語を描いたミステリースリラーだ。
 
2003年デビュー後、様々なジャンルのフィルモグラフィーを通じしっかりした演技経験を積んできたパク・シネ。ロマンス、コメディー、ドラマなどジャンル関係なく驚きのキャラクター消化力や並々ならぬ存在感で老若男女問わず愛を受けてきた彼女が、ミステリースリラー映画「CALL」のソヨン役で今まで見たことの無い強烈な演技変身を披露する。
 
今作でパク・シネが演じるソヨンは、20年前同じ家に住んでいたヨンソク(チョン・ジョンソ)と偶然一通の電話で繋がり、その後過去を変える人物だ。パク・シネは、一刻一刻変化する状況に違うヘアスタイル、衣装、スタイリングなど見た目の変身は勿論、繊細な感情変化まで完璧に表現し、強烈な存在感で劇場を魅了する予定だ。
 
実際に彼女は「今まで挑戦したことの無いジャンルで、ソヨンというキャラクターが魅力的だったので出演を決めました。ソヨンは、私が今まで演じた正義のあるキャラクターとは反対の面を持っているのでとても新しく演技している間、楽しかったです」と今回の作品とキャラクターを選択した理由や撮影の感想を明かした。

 

一方ジャンルを行き来する新しい挑戦を重ねてきたパク・シネの強烈なスリラー演技で期待を高める映画「CALL」は、韓国にて3月公開予定だ。

写真提供:NEW

 
韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 映画「CALL」関連記事を読む

パク・シネ関連商品を購入する
パク・シネ関連記事を読む
パク・シネ関連コラムを読む


特集