フリーワード検索

おすすめタグ

2020.01.23 02:00

チョン・ウソン主演『無垢なる証人』メイキング映像解禁!

 

© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

[韓国エンタメニュース]

この度、明日1月24日(金)より公開となる映画『無垢なる証人』につきまして、メイキング映像が到着しました。

日本でも興行収入30億円の大ヒットを記録した『私の頭の中の消しゴム』では若年性アルツハイマー病に冒された妻を懸命に支える夫、『アシュラ』では悪に染まった汚職刑事を演じるなど、アクションからラブロマンスまでジャンルを問わず韓国映画界を牽引する実力派俳優チョン・ウソンが本作では殺人容疑者の弁護士役を務め、正義と野心に揺れる人間臭いキャラクターを熱演し、韓国のアカデミー賞と称される「第40回青龍映画賞」にて『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホ、『エクストリーム・ジョブ』のリュ・スンリョンら強力な候補者が競い合う中、見事チョン・ウソンが主演男優賞受賞を果たしました!さらには『神と共に』シリーズの明るく愛らしい冥界の使者ドクチュン役で一躍スターダムにのし上がった子役出身の女優キム・ヒャンギが、特有のピュアな魅力と繊細な演技で物語にリアリティを加え、まだ十代とは思えない幅広い演技力に称賛の声が相次ぎました!本作は、「第5回ロッテシナリオ公募展」で大賞を獲得したシナリオをもとに、『戦場のメロディ』『ワンドゥギ』をはじめ社会に向けた温かい視線を描く繊細な演出力に定評のあるイ・ハン監督がメガホンを取りました。

殺人容疑者の弁護士と唯一の目撃者である自閉症の少女、決して出会うことのなかった二人の特別な心の交流をドラマチックな事件と新鮮なキャラクターで描く温かな感動作が遂に日本に上陸します!

さて、今回到着したメイキング映像には、イ・ハン監督や主演のチョン・ウソン、キム・ヒャンギらによって語られる本作のストーリー、そして各キャストについてが収められております。幼少期にチョン・ウソンとCMで共演していたというキム・ヒャンギは、「ウソンさん以外の弁護士スノは想像できない」と振り返っており、ウソンも「最高の共演者」とお互いに賛辞を送り合い息もぴったりの様子!ぜひ「世代を問わず共感できる」「疲れた心を癒やすような作品」と評された本作をスクリーンでお楽しみください。

 

 

★メイキング映像URL: https://youtu.be/ZazCv0GD-E0

 

 

© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 

【受賞歴】
★第40回青龍映画賞:主演男優賞(チョン・ウソン)
★第55回百想芸術大賞:映画部門大賞(チョン・ウソン)
★第39回黄金撮影賞:演技大賞(チョン・ウソン)/最優秀女優賞(キム・ヒャンギ)/監督賞

【あらすじ】
長い間、信念を貫いてきたものの、現実と妥協して俗物になることを決めた民主弁護士会出身の弁護士スノ(チョン・ウソン)。自身の出世がかかった殺人事件の弁護士に指定されると容疑者の無罪を立証するため、唯一の目撃者である自閉症の少女ジウ(キム・ヒャンギ)を証人として立たせようとする。自身だけの世界に入り込み、意思疎通が難しいジウ。スノは事件当日に目撃したことを聞くためにジウのもとを訪れるが、まともにあいさつもできない。だが、あの日のことを聞き出すためにジウと心を通わせていく努力をするスノ。少しずつジウへの理解を示していくが、2人は法廷で弁護士と証人として向き合うことになり…。

【キャスト・スタッフ】
出演:チョン・ウソン『私の頭の中の消しゴム』『アシュラ』、キム・ヒャンギ『神と共に』シリーズ、イ・ギュヒョン『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』、チャン・ヨンナム『コンフィデンシャル/共助』、ヨム・ヘラン『国家が破産する日』
監督:イ・ハン『戦場のメロディ』
撮影:イ・テユン『アジョシ』
編集:ナム・ナヨン
音楽:チョ・ヨンウク『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』
2019年/韓国/129分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:千香仙/原題:증인/英題:Innocent Witness/配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/innocent/
予告編:https://youtu.be/2zgiQ3CWO_U


映画「無垢なる証人」DVDを購入する

 

チョン・ウソン関連商品を購入する
チョン・ウソン関連記事を読む

キム・ヒャンギ関連商品を購入する
キム・ヒャンギ関連記事を読む
キム・ヒャンギ関連コラムを読む


特集