フリーワード検索

おすすめタグ

2020.01.20 02:01

カン・ハヌル、見るほどにハマる魅力を披露!

カン・ハヌル

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優カン・ハヌルの多彩な魅力を盛り込んだ写真が公開された。
 
撮影現場でもKBS2TVドラマ「椿咲く頃」のファン・ヨンシクになり、特有の口調でスタッフたちに笑いを与えた彼は「多くの方々がヨンシクを好きになってくださり、適材適所に多くの方々に面白い思い出を作って差し上げることが出来たら、それは嬉しい事です」とし「僕にとってヨンシクよりもっと重要なのは『椿咲く頃』のチームワークです。ドラマがヒットしたことよりも、とても楽しくて幸せな現場だったので、長く思い出に残りそうです」と語った。
 
また俳優カン・ハヌルと普通のカン・ハヌルをコンセプトに撮影した写真で彼は、実際に普段楽しむヨガ、ビールを飲む、ギターを弾くなど多彩なポーズを取った。特に彼は「ヨガは僕にとって趣味というより一つの修養です。ムエタイをして柔軟性を高めようとヨガを始めたのですが、やればやるほど僕の心を落ち着かせ、ポジティブにしてくれるようです」と語った。
 
最近、俳優アン・ジェホンとWanna One出身のオン・ソンウと共にJTBC「トラべラー:アルゼンチン」の撮影のためアルゼンチンに10日間行ってきたカン・ハヌルは「人、自然みんなとても驚異的な国でした。特にイグアスの滝を見た時は、僕たち3人とも何も言えず笑いだけがこぼれました。すごい景観だったんですよ」とし「歳は3人の中で中間だったのですが、特に僕が何かをする必要もありませんでした。3人とも角張った人がいなかったんですよ。呼び名だけ兄さん、弟と言うだけで友達のように過ごしていました」と語った。
 
次期作に演劇「幻想童話」を選んだ理由に対して彼は「舞台に立って演技をしてみると、違った何かが感じられます。舞台の上で、少し間何の音を出さなくても空気が変わります。即興的に相手の演技者たちと息を合わせることも面白いです」とし舞台演技に対する特別な愛情を表した。
 
またカン・ハヌルは「俳優になっていなかったら、ドキュメンタリー監督や関連会社で一生懸命働いていただろう」と話し、「家で映画よりドキュメンタリーを良く見ます。特に自然、宇宙を扱ったドキュメンタリーが好きで、今回アルゼンチンに行った時もドキュメンタリーで見るような風景が目の前に広がっていて本当に不思議でした」と語った。
 
インタビューの間、前向きで明るい態度だった彼は「努力しているわけではないですが、ストレスを受けながら生きるのは好きじゃないです。僕はいつも楽しく生きたいです」とし「良い人とは、自分の思う通りに行動しても、その行動が人々に害を与えず、ポジティブなエネルギーを与えられる人だと思います。そうなれば、後で演技する時も現れるでしょう?」と説明した。

カン・ハヌル

カン・ハヌル

 
一方カン・ハヌルは、ドラマ「椿咲く頃」終了後、演劇「幻想童話」に出演中だ。

写真提供:COSMOPOLITAN

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI


カン・ハヌル グラビア&インタビュー掲載中「COSMOPOLITAN 2月号」を購入する

 

カン・ハヌル関連商品を購入する
カン・ハヌル関連記事を読む
カン・ハヌル関連コラムを読む


特集