フリーワード検索

おすすめタグ

2019.05.07 01:01

イ・ミンホ、新ドラマ「ザ・キング」で復帰決定

イ・ミンホ

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優イ・ミンホがキム・ウンスク作家の新作への出演を確定した。
 
7日、制作会社ファエンダムピクチャーズは、キム・ウンスク作家の次期作「ザ・キング:永遠の君主」制作とイ・ミンホの出演を公式発表した。
 
2020年上半期の放送を目標に制作に突入する「ザ・キング:永遠の君主」は、キム・ウンスク作家と「太陽の末裔」を共にし感覚的な映像で注目されたペク・サンフン監督が演出を務め、「シークレット・ガーデン」、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」を超える洗練されたファンタジーロマンスドラマの誕生を予告している。
 
また、「ザ・キング:永遠の君主」は先月、除隊と同時に次期作への関心を集めていたイ・ミンホの復帰作という点が目を引く。イ・ミンホはこれまで様々な作品を通じて多様なフィルモグラフィーを築き、優れた演技力を見せてきた。韓国内外の注目を受け入隊という空白期間以来、俳優としての第二幕を「ザ・キング:永遠の君主」で始めることとなる。
 
ファエンダムピクチャーズ側は「『相続者たち』以降二度目の縁だ。それほど信頼のある俳優」とし、「一層成熟して深まったイ・ミンホの姿を『ザ·キング:永遠の君主』でご覧いただけるでしょう」と期待感を高めた。
 
一方、「ザ·キング:永遠の君主」はドラマではなかなか取り上げられなかった平行世界を背景にする。神が人間の世界に悪魔を解き放ち、その悪魔が平行世界の扉を開けてしまう。「“私”より良い生活を送っているもう一つの世界の“私”がいるとしたら、あなたは彼とあなたの人生を変えますか?」悪魔が投げるこの露骨な質問に対抗し門を閉めようとする理系の大韓帝国皇帝イ・ゴンと、誰かの人生、人間、愛を守ろうとする文系の大韓民国刑事チョン・テウルの二つの世界を行き来する共同捜査を通じて、時にはときめき、時には痺れる次元の違うロマンスを描く予定だ。
 
ファエンダムピクチャーズ代表は「放送局と具体的な放送時期は未定。しかし、演出陣と主人公が確定しただけにドラマの完成度を高めるため今年下半期には撮影を始める予定だ」と明らかにした。
 
 
写真提供: MYM ENTERTAINMENT
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


【韓国ドラマピックアップ】
「ザ・キング:永遠の君主」あらすじやキャラクター詳細をみる

 

 イ・ミンホ関連商品を購入する
 イ・ミンホ関連記事を読む
 イ・ミンホ関連コラムを読む
 


特集