フリーワード検索

おすすめタグ

2019.04.02 12:01

ナム・ジュヒョク、アジア4カ国ファンミーティングツアー成功裏に終了

ナム・ジュヒョク

[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優ナム・ジュヒョク2度目の海外ファンミーティングツアーが盛況裏に終わった。
 
ナム・ジュヒョクは2月24日の香港を皮切りに、3月2日バンコク、23日クアラルンプール、30日台北まで続いたアジア4カ国のファンミーティングを通じて、グローバルな人気を立証した。
 
2017年に続く今回の海外ファンミーティングツアーは“ナム・ジュヒョクにまた会いたい”というアジアファンの要請と声援のもと進められた。ナム・ジュヒョクの作品活動、趣味、家族、友達、夢など多様なテーマのトークで幕を開けたファンミーティングはタイトル「カレント(CURRENT)」の趣旨にふさわしい俳優として、青年として、“今”に関する率直な話が公開され、ファンと過ごす温かく意味深い時間となった。
 
さらにナム・ジュヒョクはファンと共にリレーゲームをしたり、ノンアルコールカクテル作ってプレゼントするなど、多様で特別なイベントを用意しファンを楽しませた。出演作品の中から名シーンを再演するコーナーでは、国別の言葉で台詞を準備しグローバルファンと積極的にコミュニケーションを図る情熱を見せた。
 
また彼は好きなプレイリストを公開、即興で歌を歌って熱い歓呼を得た。このようにナム・ジュヒョクはファンの熱い声援を受けて毎公演ごとに感謝の気持ちを示しながらファンへの愛を示し、「最近、本当に本当にという単語をたくさん使っていますが、遠くからでも応援してくださるファンの皆さんにお応えするため本当に本当に良い俳優になってまたお伺いします」と真心を伝えた。
 
一方、ナム・ジュヒョクはドラマ「恋するジェネレーション(原題:Who Are You ?学校2015)」、「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」、「ハベクの新婦」などを通じて大衆から愛を受ける俳優として成長し始め、映画「安市城」では青龍映画賞新人賞を受賞するなど、各種授賞式にて新人賞を獲得し地位を固めている。また、韓国にて最近放送が終了したドラマ「眩しくて」でも好評を得た彼は、韓国内を越え次世代韓流スターとしての底力をアピールした。
 
ナム・ジュヒョクは次期作をイ・ギョンミ監督のNetflixオリジナルシリーズ「保健教師アン・ウニョン」に決定し、新たな演技変身を予告している。
 
 
写真提供: YG ENTERTAINMENT
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 


ナム・ジュヒョク掲載「Esquire」2019.4月号を購入する

 

ナム・ジュヒョク関連商品を購入する
ナム・ジュヒョク関連記事を読む
ナム・ジュヒョク関連コラムを読む


特集