フリーワード検索

おすすめタグ

2019.03.27 12:01

「第55回百想芸術大賞」、5月1日開催決定!

百想芸術大賞

[韓国エンタメニュース]
 
 
「百想芸術大賞」が5月1日に開かれる。
 
今年で55回目を迎える「百想芸術大賞」は5月1日午後9時30分よりソウル・コエックスDホールにて生中継される。
 
TV・映画を含む韓国唯一無二の総合芸術授賞式であるだけに、審査の専門性と公正性はさらに堅固になり、TV・映画を代表する専門家集団が審査委員を推薦、部門別に7人の審査委員が委嘱された。部門別の最終候補作品の選定は、これに先立って業界専門評価委員 計40人が参加し、事前アンケート資料を作って審査の幅を広げた。
 
TV部門審査対象は2018年4月1日から2019年3月31日まで地上波・総合編成・ケーブル・ウェブで放送されたプログラムである。ただし、連作の場合、審査日の基準では3分の1以上放送された作品のみを含む。
 
映画部門は2018年4月1日から2019年4月4日まで韓国で封切りした韓国の長編映画を対象とする。新人監督賞の基準は当該期間の長編映画でデビューした監督だ。両部門での新人賞候補の基準は作品中一定分量、主・助演級3本以下の場合で、デビュー年度と無関係である。
 
「百想芸術大賞」事務局側は「今年もTVと映画部門ともに優秀な作品が競争している。大衆と評論家の支持を受けた素晴らしい作品に授賞式で会えるだろう」と明らかにした。
 
一方、「第55回 百想芸術大賞」は4月4日と5日に公式ホームページを通じ、TV・映画部門別候補など詳細を発表する予定だ。
 
 
写真提供: JTBC
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI 


「第55回 百想芸術大賞」公式ツアーの詳細を見る

 「百想芸術大賞」関連記事を読む
 


特集