フリーワード検索

おすすめタグ

2019.01.25 06:02

2PMジュノ、歌手・俳優を行き来するアーティスト…確固たる地位

ジュノ

[韓国エンタメニュース]
 
 
2PMジュノが“男性ソロアーティスト”として確固たる地位を固めている。
 
ジュノは2019年も歌手と俳優、二つの分野で活躍することを予告している。2008年、グループ2PMのメンバーとしてデビューした彼はトップアイドルグループのメンバーであり、主演俳優、そしてソロ歌手として人気を集めている。
 
特にジュノは音楽や公演、映画、ドラマなど、自らが取り組んだ全ての分野で確実に成長を遂げてきた。2013年、映画「監視者たち」で観客の元を訪れた後、「二十歳」、「メモリーズ 追憶の剣」など多彩な作品に挑戦し、スクリーンでの存在感を育てた。2019年には映画「妓房の郎子(仮題)」の主役に抜擢され、映画をリードしていく予定だ。
 
ドラマでも彼の魅力は際立った。2016年「記憶~愛する人へ~」を皮切りに2017年「キム課長とソ理事〜Bravo! Your Life〜」では悪役だが憎めない歴代級キャラクターに扮して演技のポテンシャルを披露した。続いて「ただ愛する仲」と「油っぽいメロ」では主人公を演じ、ドラマをリードすることはもちろん、2018年の1年間に温度差のある2つのキャラクターを消化した。
 
2019年にもジュノの変身は続く。彼は韓国にて3月より放送スタート予定のテレビドラマ「自白」にて真実を追う弁護士チェ・ドヒョン役に扮し、主演俳優としての力量を再度発揮する予定だ。
 
一方、“ソロ歌手”ジュノは韓国と日本の両国で人気を博している。2013年7月、日本ソロデビューミニアルバム「キミの声」以後、毎年ソロアルバムを発表してきた彼は、2018年12月に日本ソロ活動の集大成としてベストアルバム「JUNHO THE BEST」を発売、12月6日から8日には日本武道館にて単独コンサートを盛況裏に終えた。
 
また、ジュノは日本タワーレコード年間チャートにて「2018ベストセラーズ」中の「K-POP歌手日本発売アルバムトップ10」にソロ歌手として唯一6位と10位にランクインし、“K-POP代表ソロアーティスト”としての地位を固めた。さらに該当チャート6位にランクインした7thミニアルバム「想像」はオリコンウィークリーアルバムチャートにて1位を記録し、話題を集めた。
 
韓国では2019年1月25日、2番目のソロベストアルバム「TWO」を発売する。2015年9月14日に発表されたソロベストアルバム「ONE」以来、3年4カ月ぶりに披露する本アルバムは計12トラック全曲を自作し、ジュノだけの音楽的感性が込められた作品だ。今回のベストアルバムにはジュノが2017年にリリースした初のソロミニアルバム「CANVAS」の同名タイトル曲と収録曲の「Fine」、そして1月25日に誕生日を迎えリリースしたシングル「Winter Sleep」の3曲をはじめ、日本でリリースされた9曲の韓国語バージョンが盛り込まれる予定だ。
 
2019年も留まることを知らないジュノの活躍から目が離せない。
 
 
写真提供: JYP Entertainment
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


ジュノ(2PM)セカンドベストアルバム「TWO」を購入する
 

 

 ジュノ(2PM)関連商品を購入する
ジュノ(2PM)関連記事を読む
 ジュノ(2PM)関連コラムを読む
 


特集