フリーワード検索

おすすめタグ

2017.05.23 10:36

[Photo] ヨ・ジング、“正しい君主とは、国民のための王”

ヨ・ジング,

[韓国エンタメニュース]

22日午後、ソウル・往十里CGVにて映画「代立軍」のマスコミ試写会が行われ、チョン・ユンチョル監督監督を始め主演を務めたイ・ジョンジェ、ヨ・ジング、キム・ムヨル、パク・ウォンサン、ペ・スビン、イ・ソムが出席した。
 
この日、ヨ・ジングは自身が演じた皇太子・光海役について言及し、正しい君主像について語った。
 
ヨ・ジングはまず、「光海という人物の演技を準備しながら良く思ったことがあった。劇中でトウ(イ・ジョンジェ扮)に『王になりたくないのですか』と聞かれた時、『お前たちは百姓になりたいのか』と聞き返した。このセリフが光海を上手く表現していると思った」とした。
 
また正しいリーダー像について聞かれると、「国民を大切にし、君主として位置づけられるのではなく、国民たちの心に耳を傾ける国民のための王だと思う」と語った。

 

ヨ・ジング,
父である宣祖の代わりに分朝を率いることになった皇太子・光海役を演じたヨ・ジング

ヨ・ジング,

ヨ・ジング,

ヨ・ジング,

ヨ・ジング,

ヨ・ジング,

ヨ・ジング,

イ・ジョンジェ,ヨ・ジング,キム・ムヨル,
(左から)代立軍の首長トウ役を演じたイ・ジョンジェ、ヨ・ジング、名射手コクス役を演じたキム・ムヨル

イ・ジョンジェ,ヨ・ジング,

イ・ジョンジェ,ヨ・ジング,

イ・ジョンジェ,ヨ・ジング,キム・ムヨル,

 

映画「代立軍」は1592年壬辰倭乱の時、明国に避難した王 宣祖に代わって臨時朝廷(分朝)を率いることになった世子 光海と、生きるために他人の軍役を代わって行っていた代立軍が残酷な戦いに直面し運命を共にした話を描いた作品。韓国で5月31日に公開予定。
 
 
韓国エンタメ総合情報サイト KOARI

「代立軍」ティーザー予告編(日本語字幕付)はこちら



「代立軍」関連ニュースはこちら










 


特集