フリーワード検索

おすすめタグ

2017.04.11 01:15

チソンから…イ・サンユン、チ・チャンウク、イ・ジョンソクまで、法廷ドラマアベンジャーズ!

チソン,イ・サンユン,チ・チャンウク,イ・ジョンソク,

[韓国エンタメニュース]

SBSドラマがチソンをスタートに、イ・サンユン、チ・チャンウク、イ・ジョンソクに続く、法廷ドラマのアベンジャーズを完成した。
 
2017年のSBSドラマは法廷ドラマが大挙している。最近終演したドラマ「被告人」のチソン、現在放送中の月火ドラマ「耳打ち」のイ・サンユン、今後放送予定の「怪しいパートナー」のチ・チャンウク、「あなたが眠っている間に」のイ・ジョンソクが全て検事や判事、弁護士などのキャラクターを演じる。
 
まず、終映したドラマ「被告人」ではチソンが検事パク・ジョンウを演じた。妻と娘を殺した濡れ衣を着せられ、収監されていた彼は事件の真犯人チャ・ミンホ(オム・ギジュン)を捕まえるため孤軍奮闘。刑務所仲間の力を借りて脱獄し、紆余曲折の末、真犯人ミンホを捕らえる。チソンは、検事と脱獄囚を熱演しドラマをリード。30%に迫る視聴率で話題になると共に月火ドラマ最強者の座を守り抜いた。
 
また、3月27日から放送中のドラマ「耳打ち」もまた、イ・サンユンが判事から弁護士となるイ・ドンジュン役を演じる。劇中初めは判事だったドンジュンは法匪として憎悪していた大手法律事務所“太白(テベク)”の弁護士であり代表の娘婿となりストーリーを展開、現在月火ドラマ1位をキープしている。イ・サンユンは、2008年の人気作「神の天秤」で弁護士キム・ウビンとして活躍したが、今回9年ぶりに再び弁護士として復帰した。
 
法廷は水木ドラマにつながる。「師任堂、色の日記」の後続として5月10日から放送予定の「怪しいパートナー」ではチ・チャンウクが検察官ジウクを演じる。完璧なビジュアルと多方面の才能に長けたジウクは父の夢と人生を代わりに実現するため検察官になる。ナム・ジヒョン演じるウン・ボンヒと共に、偏見に満ちた世の中と戦い成長していくストーリー。
 
更に、9月放送予定のドラマ「あなたが眠っている間に」では、イ・ジョンソクが検察官見習いの主人公ジェチャンを演じる。 ジェチャンは、不幸な事故や事件を予知夢として見ることができるナム・ホンジュ(スジ)と共に、夢が現実となるのを防ぐため奮闘する検察官として活躍する予定だ。イ・ジョンソクは、デビュー作の2010年のドラマ「検事プリンセス」にて有能な7級捜査官ウヒョンとして活躍、7年ぶりに検察官として活躍する。
 
関係者は「SBSが2016年に『ドクターズ』と『浪漫ドクターキム・サブ』の医師キャラクターにて多くの視聴者に楽しみを提供したなら、2017年はこれらのドラマの判事と検事、弁護士キャラクターがたくさん登場し、また違った楽しみとなるだろう」、「全て法廷ドラマではあるがそれぞれ全く違ったストーリーを描き、キャラクターもまた新たな魅力を見せていくので、大いに期待してほしい」とした。
 
SBSドラマの法廷アベンジャーズは、ドラマ「被告人」に続き現在放送中の「耳打ち」、そして今後放送予定の「怪しいパートナー」と「あなたが眠っている間に」にて見ることができる。
 
 
写真提供:SBS

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

チソン関連ニュースはこちら
チソン関連商品はこちら

イ・サンユン関連ニュースはこちら
イ・サンユン関連商品はこちら

チ・チャンウク関連ニュースはこちら
チ・チャンウク関連商品はこちら






 


特集