フリーワード検索

おすすめタグ

2017.08.21 11:18

キム・ナムギル×キム・アジュン主演「名不虚伝」、最高視聴率更新…胸キュン名場面大放出!

キム・ナムギル,キム・アジュン,

[韓国エンタメニュース]

20日に放送されたtvN土日ドラマ「名不虚伝」第4話の視聴率は、ケーブル、衛星、IPTV統合の有料プラットフォームの平均6%、最高6.6%を記録し、再び自己最高視聴率更新した。(ニルソンコリア、有料プラットフォーム、全国基準)
 
同日の放送にて、ホ・イム(キム・ナムギル)とチェ・ヨンギョン(キム・アジュン)は突然、朝鮮時代にやって来た。ソウルではヨンギョンに頼りきりだったホ・イムだったが、朝鮮では一転カリスマを発揮し、“ヨンギョンの守護神”となった。
 
朝鮮時代に来たということが信じられなかったチェ・ヨンギョンは、目の前に広がる生き生きとした朝鮮の風景に困惑した。初めての環境と信じられない状況に魂が抜けたようになった現代の服装とヘアスタイルのチェ・ヨンギョンに、町の人々は“おかしな女”だと後ろ指を指した。
 
途方に暮れて座り込んでしまったチェ・ヨンギョンの目の前に早馬が突進してきた瞬間、ホ・イムが現れ、抱きかかえて命を助ける。見知らぬ世界で唯一の顔見知りであるホ・イムを見つめるチェ・ヨンギョンの瞳には安堵感と信頼が見えた。そんなチェ・ヨンギョンを見つめるホ・イムのカリスマと瞳は、視聴者の胸をときめかせた。
 
また、韓服のリボンを正しく結べないヨンギョンの為に、そっと身なりを整えてあげたり、ヨンギョンの頭に被衣を被せるホ・イムの姿はロマンティックな雰囲気を高めると同時に二人の関係性の変化への期待を高めた。
 
一方、ホ・イムとチェ・ヨンギョンが再びソウルへ戻り、「名不虚伝」は更に興味深い展開を予告している。ホ・イムは、自分がソウルと朝鮮を行ったり来たりすることになったのは、“才能を思う存分発揮してみよ”という天の思し召しだと考え、シネ韓方病院を眺めながらソウルで生きて行く意志を見せた。予測不能な展開でますます視聴者を刺激して行く予定だ。朝鮮往復メディカル劇「名不虚伝」は、毎週土・日曜日の夜9時より韓国にて放送中。

写真提供:tvN

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「名不虚伝」関連ニュースはこちら



「名不虚伝」関連コラムはこちら











特集