フリーワード検索

おすすめタグ

2017.05.10 12:01

本日(10日)初放送!チ・チャンウク主演「怪しいパートナー」観戦ポイント公開

怪しいパートナー,チ・チャンウク,

[韓国エンタメニュース]
 
 
本日(10日)初放送されるSBS新水・木ドラマスペシャル「怪しいパートナー」(クォン・ギヨン脚本/パク・ソンホ演出)は、一度はまったら抜け出せない蟻地獄ロマンスドラマの核心観戦ポイントを公開した。
 
「怪しいパートナー」は近寄りがたい脳セク(脳がセクシーの意)検事ノ・ジウク(チ・チャンウク)と無限ポジティブ・アウトサイダー司法研修院生ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)がミステリアスな事件を経験し、互いにのめり込んでいく胸キュン蟻地獄ロマンスドラマだ。
 
核心観戦ポイント1.堅実なストーリーとスピーディーな展開
「怪しいパートナー」が視聴者の期待と満足を完璧に満足させるものと予想される。予測不可能なストーリーと刻々と急変していくストーリーがドラマの面白さを更に高めるからだ。制作チームもまた、1話から暴風吹きまくる展開とスピード感で視聴者の目と耳を釘付けにすると予告し好奇心を増している。
 
中でも「ボスを守れ」、「私の恋愛のすべて」を通じて視聴者に強い印象を残したクォン・ギヨン作家の作品であり、「青い海の伝説」、「テバク」などを共同演出、スタイリッシュな演出力を発揮しているパク・ソンホ監督がタッグを組み、視聴者を魅了する。
  
核心観戦ポイント2.俳優たちも認めたケミ地獄ドラマ
「怪しいパートナー」が放送前からオンライン上で“蟻地獄ロマンチックドラマ”としてファンの高い関心を集める中、この4日、V LIVEにて、チ・チャンウクが“ケミ(ケミストリーの略)地獄”を予告し、ファンの熱い反応を得た。
 
チ・チャンウクとナム・ジヒョンが描く“胸キュンケミ”は言うまでもなく、劇中で親友のチ・チャンウクとチェ・テジュンの“ブロ(ブロマンス、ブラザー+ロマンスの略)ケミ”まで加わり、至る所で発生する様々なケミが視聴者を満足させるものと期待できる。
 
また、撮影現場でのチ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン、クォン・ナラの和気藹々とした姿が収められており、ドラマの中でのケミだけでなく、共演俳優たちの間の“現実ケミ”にも期待が高まっている。
 
核心観戦ポイント3.ロマンティックコメディーと怪しいエピソードの結合
「怪しいパートナー」が今春最高のロマンチックコメディーを予告し、視聴者のハートをときめかせている。チ・チャンウクとナム・ジヒョンの地下鉄、ホテル、居酒屋での出会いのシーンが先立って公開され、ときめきだらけのロコ(ロマンティクコメディーの略)の誕生を予感させている。
 
また、殺人の容疑者となったナム・ジヒョンの姿が先週公開され、甘いストーリーと共に興味深い事件も予想される。

 制作陣によると、チ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン、クォン・ナラの絡み合った愛と、毎回はらはらさせる怪しいエピソードが描かれ、視聴者の関心を鷲掴みにするだろう」と説明した。

 

怪しいパートナー,

 

ドラマ「怪しいパートナー」は、5月10日韓国にて初放送予定。

写真提供:SBS

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「怪しいパートナー」関連ニュースはこちら

チ・チャンウク関連ニュースはこちら

チ・チャンウク関連商品はこちら

 

 

特集