フリーワード検索

おすすめタグ

2017.03.30 12:01

チ・チャンウク×ナム・ジヒョン、「怪しいパートナー」男女主人公に決定!

チ・チャンウク,ナム・ジヒョン,

[韓国エンタメニュース]

SBSの新水木ドラマ「怪しいパートナー(仮題:この女に気をつけてください)」がドラマタイトルと共に、男女主人公をチ・チャンウクとナム・ジヒョンに決定した。
 
タイトルを「この女を気をつけてください(仮題)」から「怪しいパートナー」へ決定。「師任堂(サイムダン)、色の日記」の後続としてに5月に放送予定だ。「ボスを守れ」と「私の恋愛の全て」などを執筆したクォン・キヨン作家と、「テバク」、「青い海の伝説」を共同演出したパク・ソンホ監督が演出を担当し、期待を高めている。
 
チ・チャンウクが演じる主人公ノ・ジウクは、ハンサムな上に数学、音楽、スポーツと多方面の才能を持ち、父の夢の代わりに検察官となった人物。彼と共にストーリーを展開していく検察官見習いウン・ボンヒ役には、これまで「善徳女王」、「ショッピング王ルイ」などで人気を得ているナム・ジヒョンに決定した。彼女の演じるウン・ボンヒは明るく元気な性格で、テコンドー幼少年代表のタイトルを持つ度胸のあるキャラクターだ。
 
チ・チャンウクは、2012年のドラマ「蒼のピアニスト」以来5年ぶり、そしてナム・ジヒョンは2016年特集ドラマ「ミステリー新入生」以来1年ぶりにSBSドラマに復帰することになった。また、二人は2011年に視聴率20%近くを記録した「ペク・ドンス」にてそれぞれ主人公ペク・ドンスとユ・ジソン役として共演した縁がある。
 
関係者は「ドラマ『怪しいパートナー』がタイトル決定に続き、洗練された男らしさで老若男女幅広いファン層を持つチ・チャンウク、そして子役出身で出演作ごとに成功しながら男性俳優を引き立て、ポジティブなエネルギーを発揮するナム・ジヒョンで男女主人公を決定した」、「彼らと共演する出演者が全て決定した後に、台本リーディング、初撮影に突入する予定だ。たくさんの愛情を持って見守ってほしい」と紹介した。
 
一方、「怪しいパートナー」はノ・ジウクとウン・ボンヒが偏見に満ちた世の中と戦いながら和解し、傷つきながら成長していくストーリーが描かれるロマンスドラマ。「師任堂(サイムダン)、色の日記」の後、5月に韓国にて放送予定。
 

写真提供:SBS

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

チ・チャンウク関連ニュースはこちら

チ・チャンウク関連商品はこちら
 


特集