フリーワード検索

おすすめタグ

2016.08.18 11:05

「W」イ・ジョンソク&ハン・ヒョジュ、切ない別れ”全部夢だったことに…”

イ・ジョンソク
 
[韓国エンタメニュース]

17日に放送されたMBC水木ドラマ「W」第8話では、カン・チョル(イ・ジョンソク)の家族を殺した真犯人の脅威に苦しむオ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)のために、別れを選択するカン・チョルの姿が描かれた。 

カン・チョルはウェブ漫画「W」の作家オ・ソンム(キム・ウィソン)が実体を設定しなかった真犯人は、ストーリーによって脈絡もなく現れ、殺人することができると推理した。漫画の中の世界では傷つくことがないはずであったヨンジュの手から血が出ると、カン・チョルはさらに不安になった。 

ヨンジュの血を見たカン・チョルの心に動揺が生じ、ヨンジュは現実世界に戻った。そんなヨンジュに真犯人から電話がかかってきており、「君がオ・ヨンジュ?カン・チョルと結婚した女」という文字が現れた。カン・チョルは結局、「僕が夢から覚めるシーンを描いてほしい。2ヵ月前、僕達が初めて会った時から今この瞬間まで全部夢であったことにしてほしい」とヨンジュに頼んだ。 

カン・チョルは「与えられた宿命通りに生きなければならなかった。捕まえることができない真犯人を捜すことが私の存在理由ならそうしなければいけないでしょう」」とし、「僕は忘れます。僕はマンガの中の人物です。これから僕に会いたければ書店に行って本で見てください」と言い屋上から飛び降りた。 

その後、マンガの中の世界の病院で目覚めたカン・チョルはヨンジュとのすべての時間を忘れてしまった。ヨンジュは自分が描いたカン・チョルの絵を見ながら涙を流した。しかし次回予告ではヨンジュとカン・チョルが再会する姿が公開され、また予想もしなかった展開を予告した。

写真出処:「W」放送画面キャプチャ

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

「W」関連商品はこちら


「W」関連ニュースはこちら

 

特集