フリーワード検索

おすすめタグ

2016.08.13 10:00

俳優イ・ミンホ、新しい寄付活動「透明傘プロジェクト」スタート!!

 

 

イ・ミンホ
MYMエンターテイメント

 

[韓国エンタメニュース]

寄付プラットフォーム「PROMIZ」を運営している俳優イ・ミンホが、今回「透明傘プロジェクト」で分かち合いの精神を実践した。

イ・ミンホは、クラウドファンディングプラットフォーム「ハート・ファンディング」に創作者として参加し、10日にその「透明傘プロジェクト」を公開した。子供たちが雨道にも安全に歩くことができるように特別製作された傘を配る「透明傘プロジェクト」は、公開10時間で目標の200万個のハートを早期に達成し、イ・ミンホの圧倒的な波及力と影響力を再び証明した。

「ハート・ファンディング」は、利用者がハートを押すアクションを通じて創作者をサポートするプラットフォーム。イ・ミンホの「透明傘プロジェクト」は当初、9月16日までの38日間、200万個のハートを目標にしたが、オープン5時間だけで1次目標である100万個のハートを獲得。10時間が過ぎた時点には200万個のハートを達成し、約2500個の透明傘をプレゼントすることになった。
2014年に社会貢献寄付プラットフォーム「PROMIZ」が発足された以来、着実に善行を行ってきたイ・ミンホは、2015年から「透明傘プロジェクト」をスタートさせ、2016年には韓国の教育部と協業して全国の小学校に同プロジェクトの範囲を広げた。

イ・ミンホは直接書いたエッセイでも「透明傘プロジェクト」を始めた理由と分かち合いへの確固たる意志を伝え、ファンに感動をプレゼントしている。「分かち合いといえば、多くの方が少し難しく思うかもしれませんが、分かち合いはそんなに難しいものではないと思います。例えば重い荷物を運ぶことを手伝うとか、バスや地下鉄で席を譲ることも分かち合いだと思います」と話し始めたイ・ミンホは、「心は分かち合えば分かち合うほど豊かになることをファンの方々を通して学び、私の職業を通して感じました。より多くの愛を分かち合いたいと思います」と分かち合いの意味を説明した。
また、「私イ・ミンホは俳優として、また子供を保護すべき大人として、より良い世の中を、幸せな明日を作ってあげたいです」と率直な話で深い感動をプレゼントしている。イ・ミンホのエッセイは約一ヶ月間にわたって1週間一度のペースで公開される予定だ。
 

一方、イ・ミンホは下半期最高の期待作「青い海の伝説(仮題)」でお茶の間に復帰する。

 

THE FACT JAPAN

イ・ミンホ関連商品はこちら


特集