フリーワード検索

おすすめタグ

2016.07.27 05:01

チャン・グンソク、韓流スターではなく監督として”痛快な映画を作りたい”

チャン・グンソク
 
[韓国エンタメニュース]

俳優チャン・グンソクが富川国際ファンタスティック映画祭に監督として登場し、観客たちと意味深い時間を過ごした。 

26日、富川市庁オウル広場で開かれた「ファンタスティック短編傑作選11」観客との対話に、6本の上映作品中、映画「偉大な遺産」の監督チャン・グンソクと俳優ノ・ヒョンウク、「葬儀の希望」の監督イ・ナムカンと俳優イ・ジャンユ、キム・ヨンソン、ナム・サンウクが出席して歓声が上がった。

チャン・グンソク

チャン・グンソク

チャン・グンソク
 

特に韓流スター、チャン・グンソクが俳優でなく監督として登場したことで、マスコミと観客の関心を集めた。第20回富川国際ファンタスティック映画祭公式招待作品であり、チャン・グンソクが監督を務めた二作目の短編映画「偉大な遺産」は、通帳だけを残して意識を失った父と通帳に執着する無心な息子の物語だ。

チャン・グンソクは「コミュニケーション不足について紐解いてみたくて今回の映画を撮ることにした」と自身の映画を紹介し、「20回の歴史がある富川国際ファンタスティック映画祭に監督として招待されて光栄だ。これからも良い作品を作れるよう努力したい」と感想を語った。
 

チャン・グンソク

チャン・グンソク

チャン・グンソク

チャン・グンソク
 

また同日、富川駅マル広場で開かれたファンタスティックオープントークでは、監督チャン・グンソクとのより深い対話が続いた。

チャン・グンソクは「短編映画の長所は、監督が伝えたい話を短い瞬間で淡白に表わすことができるということだ。多くの方々が富川国際ファンタスティック映画祭のようなところで短編映画に関心を持って楽しんでもらえたら、もっと多くの監督たちが自由に自分の話を表現できるだろうと考えている。そのような意味で、俳優ではなく、監督として映画祭に招待された今日という日は、私にとって忘れられない一日になるだろう。今後映画を撮る際はさらに慎重かつ大切に作業をしなければならないと責任感を感じる」と述べた。

さらに、次回作の計画を問うと「最後まで観客たちに疑問符を投げかける映画になる。最初から疑問を持たせ、最後に強力なストライクを放つ痛快な映画を作ってみたい」と述べ、今後の監督としての動きに対する期待を加えた。

歴代最多本数の49カ国320本のプレミアムファンタスティック映画で観客たちの真夏を彩る富川国際ファンタスティック映画祭は、7月21日から31日まで、富川一帯で11日間開催される。

写真提供:富川国際ファンタスティック映画祭

韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

チャン・グンソク関連商品はこちら


特集