フリーワード検索

おすすめタグ

2016.07.25 11:00

コン・ユ主演「釜山行き」、公開初週に500万観客突破!“千万映画”になるか

 

 

コン・ユ
映画「釜山行き」が動員観客数500万人を突破した。|NEW

 

[韓国エンタメニュース]

 

コン・ユ主演の大作映画「釜山行き」(監督:ヨン・サンホ)が公開初週で動員観客数500万人を突破した。

韓国の映画振興委員会によると、「釜山行き」は先週の22日から24日までの3日間、約321万4900観客を集め、ボックスオフィス1位を記録した。これまでの累積観客数は531万5560人にのぼる。公開して初めての週末に500万観客を突破したのは異例で、韓国歴代映画の中で最も多くの週末観客となる。

「釜山行き」は、韓国映画史上最高興行作である「バトル・オーシャン/海上決戦」が立てた初週5日間の観客記録476万7600人を軽く超えた。また、歴代最高オープニング、歴代最多の一日観客動員数、公開初週の最高スコアなどさまざまな記録を塗り替えており、“千万映画”への期待を高めている。

「釜山行き」は、未曾有の災難が韓国を襲った中、釜山行きの列車に乗った人々の生存をかけた死闘を描いた映画。第69回カンヌ国際映画祭にも招待され、現地の関係者から高い評価を得た。

THE FACT|キム・ギョンミン記者

 


特集