フリーワード検索

おすすめタグ

2016.05.20 01:49

キム・ナムギル「ヨーロッパ短編映画祭への出席、カンヌや釜山映画祭よりも嬉しい」

キム・ナムギル
[韓国エンタメニュース]
 
「第4回ヨーロッパ短編映画祭」(EUSFF)の共同組織委員長を務めるキム・ナムギルが19日、ソウル・城北区のアリランシネセンターにて開催された映画祭開幕式に出席、共同組織委員長としての思いを語った。
 
過去に自身が活動している文化芸術NGO「ギルストーリー」のキャンペーンとして城北洞の文化や歴史を紹介する等、城北区と縁があるキム・ナムギル。
本映画祭が城北区の主催ということもあり「僕が感じた城北区は、芸術と愛、そして過去と現在、未来が共存して多様な文化が地域の人々と共に存在しているということだ」と城北区の魅力を紹介した。
 
また、映画人として短編映画に対する思いを伝え「これまでカンヌ映画祭や釜山映画祭に出席させてもらったことがあるが、今日のこのヨーロッパ短編映画祭が一番嬉しく思う」と話し、続けて「決して共同組織委員長に選ばれたからというわけではない」とウィットのあるコメントを付け加え観衆の笑いを誘った。
 
第4回ヨーロッパ短編映画祭は、開幕式を筆頭に10日間行われ、20日から24日までは城北区のアリランシネセンター、25日から29日までは城北区高麗大学に位置するKUシネマートラップにて開かれる。
 
一方、キム・ナムギルは現在、映画「マイ・エンジェル」の撮影中で「パンドラ」「殺人者の記憶法」の公開を控えている。
 
 

韓国エンタメ総合情報サイト KOARI
 

キム・ナムギル関連商品はこちら
 


特集