フリーワード検索

おすすめタグ

2016.02.02 07:00

“無ジャンルアイドル”D&T(ディーアンドティー)に単独インタビュー!

 

 

左からチホ、ジュンヨン、テラン。| (C)Noriko Iba

 

2011年~12年にかけて日本で積極的に活動していたK-POP3人組グループD&T (ディーアンドティー:これまではDNTと表記)が2015年12月より再び日本に拠点を置き本格活動を開始している。そんな彼らにインタビューした。

―自己紹介をお願いします。
テラン「歌やビジュアル担当です。(ジュンヨン 「歌が上手です!」)
ジュンヨン「リーダーで、ダンスとラップとサブボーカル担当です。僕たちのオリジナル曲の振り付けをすべて担当しています。昔、バックダンサーをやっていましたので、その経験を活かして歌手活動をしています」
チホ「メインボーカル担当で高音が得意です。日本語担当でライブ中、日本語でのメントをまとめています。(ジュンヨン「チホさんは低音から高音まで幅広く出せるので女性の曲もできます!」)。日本の曲では、いきものがかりさんの『ありがとう』とかライブの中でも披露しているIUさんの『Good Day』などが得意です」

―D&Tの魅力は?
ジュンヨン「僕たちは韓国の中で“無ジャンルアイドル”と呼ばれています。ダンス曲もバラードも十分にこなせるグループだからと、ファンの方々が作ってくれた呼称です。そういうところが僕たちの魅力だと思います」

 

 

リーダーのジュンヨン。ダンス、ラップ、サブボーカル担当。|(C)Noriko Iba

 

―2015年12月から定期ライブを行っていますが、印象に残るエピソードは?
ジュンヨン「開演前にステージのカーテン裏でマイクを持って待機をしているのですが、まだマイクをオフにしていなければならないのにオンになっていて待機中の声が全部、会場のお客さんに聞こえていたことがありました。発声練習とか気合い入れとか(笑)。そこで色々な決めポーズも練習していたのですが、客席からは自分たちのシルエットがまる見えだったようで、とても恥ずかしい思いをしました(笑)」

―ライブ後のファンとの触れ合いタイムはいかがでしたか?
チホ「すごくよかったです!3年前にも日本で活動しましたが、その時はあまりファンの皆さんと触れ合う時間がなかったんです。でも、今は触れ合いタイムでファンの方と近づいていろいろな話もできますし、日本語の勉強にもなるのでとてもいいですね」
ジュンヨン「ファンからの意見も取り入れ、より発展したライブができると思います」
テラン「ファンのリクエスト曲もわかるので良いライブができます」
チホ「SHOW BOXでのライブは1カ月経ちましたが、最近は僕たちのオリジナル曲を聞きたがるファンの方が多くてとてもうれしいですね」

―日本で印象に残っている場所は?
テラン「東京タワーとか」
チホ「自由が丘。3年前は僕たちのマンションが自由が丘にあったんです。それですごく懐かしいですね」

―3年前には日本でライブ活動もされていましたが、その後はどうされていましたか?
ジュンヨン「僕たちはその後兵役に行っていたので、3年ぶりに再結成したんです」
チホ「昔のファンも方もいらっしゃいます。名前も覚えていますよ」

―2月といえばバレンタイン。皆さんはどんな告白をされたい?
テラン「何がいいかな~。手作りのチョコレートをキレイに包装してプレゼントされたらうれしいですね」
ジュンヨン「僕もやっぱり手作りがうれしいですね。でも甘い物が苦手なので、チョコよりは…お酒?なんてジョークです、ジョーク!(笑)。食べ物よりは長く持っていられるもので告白されたいかな」
チホ「僕も甘い物は苦手なので、一緒にご飯を食べたり散歩したりするデートがいいかな。普通のデートでなにげなく告白されたらうれしいかも。バレンタインといっても特別な気構えもないので」

―ズバリ、好きな女性のタイプは?
ジュンヨン「テランさんは歌が上手な人が好きですね??」
テラン「歌が上手だとそれだけで魅力を感じますね。でも、好きになった人が、歌が下手でも大丈夫ですよ(笑)」
チホ「猫みたいにセクシーな女性が好きですね(笑)。二重じゃなくて目尻がキュッと上がっているようなセクシーな感じがいいかな」
ジュンヨン「(思い出し笑いをしながら)フフフ(笑)。ファンの皆さんが自分の理想の女性ですね。ファンの方々のようにいつも僕を応援してくれる人が好きです!」

 

 

メインボーカルのチホ。|(C)Noriko Iba

 

―これまで影響を受けた人物は?
チホ「韓国歌手のパク・ヒョシンさんです。僕のロールモデルですね」
テラン「大学生の時に、お祭りで『歌を歌ってみたら?』と言ってくれた先輩がいるのですが、その時から歌手になりたいなと思ったので、その先輩の影響が大きいと思います」
ジュンヨン「ダンサーとして最初に踊ったのがSHINHWA先輩のバックダンサーだったのですが、バックで踊りながら僕も歌手になりたいなと思いました。SHINHWAの先輩方にとても影響を受けましたね。チョンジン先輩やドンワン先輩からよくアドバイスをいただきました」

―現在は日本に拠点を置かれて活動されていますが、今後は?
ジュンヨン「2008年に韓国でデビューした当時は違ったのですが、3年前、最後に活動したのが日本だったことと、その時の思い出がとても良かったので今は日本で活動したいと思っています」

 

 

歌&ビジュアル担当のテラン。|(C)Noriko Iba

 

―これからチャレンジしてみたいことは?
テラン「演技ですね。兵役前は演技の勉強もやっていたのでドラマや映画などで演技をしてみたいです」
チホ「ミュージカルをやってみたいです。演技はまだまだですが歌が得意なので挑戦してみたいです。3年間、活動休止していた時にミュージカルをたくさん観ていました。元々、ミュージカルには興味がなかったのですが観ているうちに魅力を感じてやってみたいと思うようになりました」
ジュンヨン「プロデュースをやってみたいです。新人歌手を自分の手で育ててみたいですね。歌手をやってきて周りからも向いていると言われますし、育てることが自分の性格に合っていると思ったので機会があれば挑戦してみたいです」

―最後にファンへのメッセージをお願いします。
テラン「僕たちD&Tがこれからも努力して、日本の音楽関係の放送などにたくさん出てみたいので、そのために頑張ります。これからもたくさん応援してください!」
ジュンヨン「僕たちD&Tは3年ぶりにこうして戻ってきました。久しぶりに日本活動をするのでとても緊張しますし、皆さんに会えるということでドキドキします。今までD&Tを待っていてくれたファンの皆さん、本当にありがとうございます。これからも良い姿をお見せします!(日本語で)いくぞ!(笑)」
チホ「いつも応援してくれて、SNSなどでも応援してくれてありがとうございます。僕たちもいつも頑張って練習していますので、もっと良い姿をお見せするために努力していますので、これからもたくさんの応援をお願いします。機会があったら日本各地を回りながら公演をやってみたいです!」

K-POP3人組グループD&T (ディーアンドティー:これまではDNTと表記)は2008年に曲の半分がバラード、半分がダンスという異色ナンバー「2人そしてその後」で韓国デビュー。メンバーの入れ替えで4人体制となり、“無ジャンルアイドル”として2011年6月11日・12日に初来日ライブ、7月には2ndライブを開催。2012年2月にはJapan Debut Mini Album「from…」をリリースするなど勢力的に日本活動を展開した。その後、兵役を経てメンバーが再集結し、2015年からジュンヨン(リーダー)、チホ、テランの3人で新生D&Tとして活動を再開。定期ライブを2月29日まで、東京・新大久保のSHOWBOXにて開催中だ。

ダンスの振り付けを手掛けるジュンヨンは、ストリートダンスをはじめさまざまなジャンルを踊るスキルがあり、チームのリーダーでありムードメーカー。取材中も場を盛り上げようとサービス精神にあふれていた。テランは純粋で穏やか、周りの雰囲気を和ませる癒し系だ。その人柄同様に歌声も優しく、バラードを得意としている。メインボーカルで日本語担当のチホは、低音から高音まで幅広い音域を持ち、女性ボーカリストの曲を難なくこなす才能の持ち主。とくにライブで魅せる高音は圧巻だ。気分が上がるポップスから心にしみるバラードまで振り幅の広い楽曲で楽しませてくれる彼らのライブに是非一度、足を運んでみてはいかがだろうか。

THE FACT JAPAN|射場倫子/野﨑友子

 

 

 

 

 


特集