フリーワード検索

おすすめタグ

2015.12.11 05:00

ガールズグループが米空港で10時間以上抑留…「抑留の不当さを確認する」

 

 

米ロサンゼルス空港で10時間以上足止めされた韓国ガールズグループOH MY GIRLが帰国した中、所属事務所が立場を明かした。|ナム・ユンホ記者

 

 

米国の空港で抑留されていたガールズグループOH MY GIRLが帰国した中、所属事務所側がこれに対する立場を明らかにした。

WMエンターテイメント側は11日、報道資料を出し、OH MY GIRLが米国ロサンゼルス空港で10時間以上抑留されていた理由とこれに対する対応策について説明した。

所属事務所の関係者は、「まず、米国現地にいたOH MY GIRLとスタッフと連絡がとれない状況だった。これにより、所属事務所で状況把握が遅くなった点についてお詫びする」と謝罪した後、「OH MY GIRLとスタッフは、出入国管理所を何の問題なく通過したが、税関を通過する際に問題が発生した」と明らかにした。

所属事務所によると、OH MY GIRL は9日、ニューアルバムのグラビア撮影で米国に向かい、滞在時期に現地でアジア系芸能人やプロデューサーらが参加する「Unforgettable 2015」というイベントが開かれるのを聞いて、プロモーションを兼ねて出席するのを決定した。同イベントは、OH MY GIRLの単独公演もなかったため、公演ビザの取得は必要がなかったと所属事務所は説明した。

所属事務所側の関係者は、「税関の担当者がOH MY GIRLとスタッフらに何の関係かと尋ねた。この時、スタッフの一人が“シスター(sister)”と答えた。すると担当者は、実際の血縁関係でもないのにこのような表現を使うのがおかしいと判断し、誤解が生じた。また、持っていった多量の小道具や衣装に注目し、米国内で大きく問題になっている“職業女性(風俗店で働く女性)”と誤解したようだった」と抑留されていた理由を説明した。

WMエンターテイメント側は「米国現地の弁護士を介してOH MY GIRLの米国抑留の不当さと正当性の有無を確認しようとする努力をしている」とし「ご心配をおかけして申し訳ない。心配してくださったすべての方々に感謝の言葉を申し上げたい」と謝罪した。

一方、OH MY GIRLのメンバーらは11日午前、仁川(インチョン)国際空港を通じて帰国しており、現在は宿所で安静をとっている。

THE FACT|チョン・ジニョン記者

 

 


特集