フリーワード検索

おすすめタグ

2015.11.06 10:00

元2PMジェボムの新曲がJYPパク・ジニョンを批判?

 

 

パク・ジェボムの新曲『F*CK BOY』の一部の歌詞が、JYPエンタの代表プロデューサーであるパク・ジニョンを批判したとして議論になっている。|写真:AOMG

 

元2PMのメンバーである歌手パク・ジェボムが発表した新譜の収録曲『F*CK BOY』の一部の歌詞が、JYPエンターテインメントの代表プロデューサー、パク・ジニョンをディス(disrespectの略。軽蔑、ののしること。Hip-Hopシーンでは相手をけなす行為をいう)したという推測が出ている中、パク・ジェボム側が立場を明かした。

パク・ジェボムの所属事務所の関係者は5日午後、「該当歌詞は、パク・ジェボム本人が書いたものであるため、どんな意図で書いたのかは確認できない。解釈は聴く側によるもの」と伝えた。

同日、パク・ジェボムは新譜「WORLDWIDE」を発表し、収録曲『F*CK BOY』の歌詞が、彼の元所属事務所であるJYPエンターテインメントのパク・ジニョンに対するものだという推測で議論となった。

問題になった歌詞は、「ボク、前に先生がボクらsame sameになるかもしれないから、今妬んでいる。歌謡界とは離れているのに」「お前はファン商売する放送人。ボクを止めてもずっと直進する。うお~。XX歌謡祭、オファーがくるところだったのに。YEAH、おっさんがいい年してずっと小さい。幼稚だ。幼稚だ」「5年目自由を楽しんでいる。ボクも知らずに金持ちになっている」などと書かれた部分だ。

一方、これに対してJYPエンターテインメントは、あるメディアとの取材に「意見がない」と立場を伝えた。

THE FACT|キム・ミンジ記者

 


パク・ジェボム – 正規3集WORLDWIDEの詳細はこちら

 

 


特集