フリーワード検索

おすすめタグ

2015.09.22 05:00

「2015 MAMA」12月2日に開催決定!

 

 

© CJ E&M

 

世界のK-POPファンが一つになるアジア最高の音楽授賞式「2015 MAMA(Mnet Asian Music Awards」が、12月2日(水)に香港AWE(ASIA WORLD-EXPO ARENA)にて開催することが決定した。

韓国のエンターテインメント業界をリードするCJ E&Mが主催する「MAMA」は、今や名実共にアジアを代表する音楽フェスティバルで、今年7回目を迎えた。1999年に開催されたMnet KMミュージックビデオフェスティバルを皮切りに、韓国の音楽産業の成長とともに着実に進化を重ね、2009年からは「MAMA」とタイトルを変えた。

2010年はマカオでの開催を土台にグローバル進出した。以降2011年はシンガポール、2012年から2014年までは香港にて開催。年末の音楽授賞式を越え、全世界のK-POPファンが楽しむ最大の音楽祭であり、グローバルコミュニケーションの窓口、アジア大衆音楽の拡散の場として位置づけられた。

香港での開催は今年が4度目。香港はさまざまな国の文化が共存するアジア文化産業の集結地であり、アジア全域からのロケーションにも利点を持つ都市で、MAMAを開催するには最適な場所として再び選択された。

CJ E&Mの放送コンベンション事業局のキム・ヒョンス局長は、「『MAMA』は3回も香港で開催され、すべて成功をおさめた。それだけに香港で定着させたインフラとシステムノウハウをさらにアップグレードさせ、今年も過去になかった新たな舞台を作り出すと期待している」と自信を表した。

「2015 MAMA」のコンセプトは「The State of Techart(Tech + Art、デカルト)」。音楽と技術の組み合わせで新たなパラダイムの変化と文化の革新を図り、音楽をもっとも進化した技術の完成で表現する計画。これと関連して初の公式ロゴも公開された。
制作を統括するMnetのキム・キウン局長は「今年のMAMAのロゴは、MAMAを通じて音楽データが活性化し、新しいエネルギーが表出される過程を形象化したもの」とし「最先端の技術と芸術の融合で進化した音楽祭になると期待される」と説明した。

さらに今年の「MAMA」は、初めて試みる「プレウィーク(Pre-week)」を介してMAMAを事前に楽しむことができる新しい変化を準備中。授賞式前にさまざまなプログラムを通じてMAMAを楽しめる諸企画が用意される予定だ。
これについてMnetのシン・ヒョングァン本部長は、「『2015 MAMA』は持続的に成長・進化する授賞式であり、アジア最高の音楽授賞式として強大な経済的波及効果まで持つお祭り以上の共生プラットフォームとも言える。20周年を迎えたMnetの新たな20年を切り開く跳躍の場として、すべての力量が集中されるパフォーマンスとコラボレーションを繰り広げたい」と期待を寄せた。

THE FACT JAPAN

 

 


特集