フリーワード検索

おすすめタグ

2015.08.11 04:01

[Photo]ユ・アイン、「思悼」は俳優人生の中で最も惹かれた作品

11日午前、ソウル・狎鴎亭CGVにて映画「思悼」の制作報告会が行われ、イ・ジュンイク監督を始め主演を務めたソン・ガンホ、ユ・アインが出席した。
 
この日の報告会でイ・ジュンイク監督が最後の挨拶で「期待は捨てて下さい。期待しないで」と語り、会場の笑いを誘った。すると続けてユ・アインが「ぜひ期待してください」としながら、「僕の演技人生で一番惹かれた作品が『思悼』。期待しないわけがない」と作品への自信を語った。


英祖の息子、思悼世子役を演じたユ・アイン


思悼世子の父、英祖役を演じたソン・ガンホ


ソン・ガンホ、ユ・アイン、イ・ジュンイク監督
 

 
映画「思悼」は 父によって米びつに8日間も閉じ込められ、死を迎えた思悼世子の物語。英祖(ヨンジョ)と思悼世子、そして思悼世子の息子の正祖(チョンジョ、イサン)に至るまでの朝鮮王朝3代にわたる悲劇を描き出す。9月に韓国で公開予定だ。
 
 
 
韓国エンタメ総合情報サイト KOARI
 
 

 


特集