フリーワード検索

おすすめタグ

2015.07.13 06:00

映画「暗殺」のチョン・ジヒョン、「アクションより女優中心が負担だった」









女優チョン・ジヒョンは映画「暗殺」で殺し屋役を演じた。|ぺ・ジョンハン記者




女優チョン・ジヒョン(33)が映画「暗殺」に負担を感じたと告白した。



チョン・ジヒョンは13日午後、ソウル・江南区で開かれた映画「暗殺」(監督:チェ・ドンフン)のマスコミ試写会および記者懇談会に出席し、「撮影は容易ではなかった」と述べた。



彼女は「アクションよりも負担になったのは、女優が作品を導かなければならないということだった」とし、「何よりもアクション演技と銃撃演技を上手くやろうと努力した」と話した。チョン・ジヒョンは、「撮影現場の雰囲気がとてもリラックスできたので、最初に持っていた負担感を振り切ることができた」と現場を雰囲気を説明した。



一方、「暗殺」は1930年代の上海と京城(キョンソン)を舞台に、暗殺作戦のために集まった独立軍と臨時政府のエージェント、殺し屋まで、さまざまな運命に縛られた人々の選択を描いた作品。「タチャ-神の手-」「10人の泥棒たち」を監督したチェ・ドンフン監督がメガホンを取ったことと、チョン・ジヒョン、ハ・ジョンウ、イ・ジョンジェなどの今を代表するトップスターの起用が話題となり、公開前から注目を浴びている。公開日は今月22日。



THE FACT|オ・セフン記者


特集