フリーワード検索

おすすめタグ

2015.02.09 07:00

「国際市場」がベルリン国際映画祭に招待へ

 

 

第65回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に公式招請された映画「国際市場」。写真は女優キム・ユンジンとユン・ジェギュン監督。|CJエンターテイメント

 

 

「第65回ベルリン国際映画祭」に招待された映画「国際市場」が現地で大きな反響を得ている。

「国際市場」の配給会社CJエンターテイメントは9日、第65回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に招請された同映画が去る8日(以下現地時間)、ジュパルラスト(Zoo Palast2)大劇場で初めて公開されたと明らかにした。

この席にはユン・ジェギュン監督をはじめ、女優キム・ユンジンが出席し、多くの地元の観客と一緒にした。ベルリン国際映画祭パノラマ部門のディレクターであるビルラントゥ・シュペク(Wieland Speck)は、「プログラムの選定のため、昨年11月に訪韓した際、『国際市場』を見て非常に驚いた。韓国の歴史的スペクトルを見せるこのような素晴らしい映画をベルリン映画祭に紹介することができて、とても嬉しい」と感想を伝えた。

 

 

ベルリン国際映画祭のレッドカーペットイベントに参加した「国際市場」チーム。|CJエンターテイメント

 

 

メガホンを取ったユン・ジェギュン監督は「世界最高権威の映画祭に招待され光栄に思っている。撮影のため、映画祭に一緒にできなかった主演のファン・ジョンミンやオ・ダルスをはじめ、撮影中にずっと苦労したすべての俳優陣とスタッフらに感謝の気持ちを伝えたい」と語った。

公式プレミア上映開始前、ジュパルラスト劇場では「国際市場」の主役であるユン・ジェギュン監督と女優キム・ユンジンのレッドカーペットイベントも行われた。キム・ユンジンとユン・ジェギュン監督は同日、それぞれ金色のドレスと黒のタキシードを着て現場を訪れ、観客と現地メディアの熱い関心を集めた。

「国際市場」は、ベルリン国際映画祭のフィルムマーケットを通じて、アジアのほとんどの地域に映画を販売した。インドネシアをはじめ、タイ、香港、日本などで公開を控えているほか、すでに販売された国以外にもラテンアメリカ、ヨーロッパのバイヤーの関心も高く、上映後に追加のセールスも期待されている。

一方、「国際市場」は、1950年代から現在に至るまで、時代を生きてきた父を介して、今日を生きる私たちの姿を再証明する物語を描いた作品。ファン・ジョンミン、キム・ユンジン、オ・ダルスなどが出演し、家族のために力強く生きてきた父親たちの時代を感動的に描いたことで、幅広い世代から高い支持を得ている。現在まで累積観客数は1312万2411人で、韓国映画歴代興行ランキングで2位を記録している。

THE FACT|ソン・ジヨン記者
 


特集