フリーワード検索

おすすめタグ

2013.04.04 09:26

「あの冬、風が吹く」ストーリーも視聴率も“ハッピーエンド”

SBSの水木ドラマ「あの冬、風が吹く」がハッピーエンディングで幕を下ろした。

4日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると、3日に放送された「あの冬、風が吹く」の最終回は全国視聴率15.8%を記録した。

これは3月28日の放送時に記録した15.1%よりも上昇した数値で、自己最高視聴率を記録しての終了となった。

この日放送された最終回では、自殺を図ったヨン(ソン・ヘギョ)はス(チョ・インソン)に発見され一命をとり止めた。

一方のスもキム社長の計略によってジンソン(キム・ボム)に刺されたが生き返り、その後手術によって目が見えるようになったヨンと桜が咲き散る中で再会し、お互いに対する愛を確かめハッピーエンドとなった。

「あの冬、風が吹く」は、チョ・インソンとソン・ヘギョのドラマカムバック作として放送前から非常に大きな関心を集めていた。

放送開始後は、ノ・ヒギョン作家のしっかりとした脚本に主演の二人の熱演とビジュアルが最大限に生かされた映像美で視聴者の心を掴み“ウェルメイドドラマ”として評価された。

4日からはシン・ハギュン、イ・ミンジョン主演の「私の恋愛のすべて」が放送される。

写真=放送キャプチャ


特集