フリーワード検索

おすすめタグ

2021.10.08 12:15

韓国映画ボックスオフィスランキング[2021年9月]

【韓国映画ボックスオフィスランキング】 2021年8月(Daum映画ランキング調べ

1位 シャン・チー/テン・リングスの伝説

2位 ボイス

3位 奇跡

4位 モガディシュ

5位 人質

 

『ボイス』

ボイス

 

9月も5位以内に4作品もの韓国映画がランクインし、健闘した一ヵ月となった。

2位にはピョン・ヨハンキム・ムヨル主演『ボイス』がランクイン。

『ボイス』はボイスフィッシング(振り込め詐欺)組織の罠にかかり、すべてを失ったソジュン(ピョン・ヨハン)が奪われた金を取り戻すために中国にある本拠地に潜入し、ボイスフィッシングの設計者クァクプロ(キム・ムヨル)に出会ってから繰り広げられる映画。

昨今韓国で大きな問題となっているボイスフィッシングを題材とした作品で、主演のピョン・ヨハンも実際に実母がボイスフィッシングに騙されそうになった経験があることから本作への出演を決めたという。

スピード感のある演出と俳優陣の熱演が話題を呼び、根強い人気を見せた。

 

 

映画「ボイス」関連記事を読む

 

ピョン・ヨハン関連記事を読む
ピョン・ヨハン関連商品を見る

 

キム・ムヨル関連記事を読む
キム・ムヨル関連商品を見る

 

 

『奇跡』

奇跡

 

3位にはパク・ジョンミンイム・ユナら主演『奇跡』がランクイン。

『奇跡』は、行き来できる道は線路しかないが、肝心な駅はない村に簡易駅が出来るのが唯一の人生の目標であるジュンギョン(パク・ジョンミン)と村の人々の物語を描いた作品。

若手演技派俳優パク・ジョンミンと少女時代ユナの共演で話題を呼んでいたが、じわじわと口コミが広がり人気を集めた。

 

 

 

映画「奇跡」関連記事を読む

 

パク・ジョンミン関連記事を読む
パク・ジョンミン関連商品を見る

 

ユナ関連記事を読む
ユナ関連商品を見る

 

 


過去の韓国映画ボックスオフィスランキングを見る>>

 


KOARIスタッフおすすめ韓国映画&ドラマ特集コラムを見る>>