フリーワード検索

おすすめタグ

2021.01.14 11:00

ソン・ジュンギ主演『勝利号』、華麗な活躍に期待!

ソン・ジュンギ、勝利号

 

[韓国エンタメニュース]

 

映画『勝利号』が勝利号乗組員たちの華やかな活躍を期待させるメインポスターを公開した。

 

Netflix映画『勝利号』は、2092年お金になることなら何でもする宇宙のゴミ清掃船“勝利号”の船員たちが、大量破壊兵器として知られる人間型ロボット“ドロシー”を発見し危険な取引に飛び込んでいく物語を描いた映画だ。

 

『勝利号』が宇宙に足を踏み入れた主人公たちの姿が収められたメインポスターを公開し、彼らの冒険に対する期待を高めている。公開されたメインポスターは、魅力も迫力も溢れる勝利号乗組員たちの堂々とした姿が盛り込まれている。韓国映画初の宇宙SFジャンルに挑戦した今作は、世界最高レベルに達した韓国映画の想像力と技術力をもとに韓国人キャラクターを宇宙に打ち上げる。

 

勝利号の乗組員であるテホ(ソン・ジュンギ)、チャン船長(キム・テリ)、タイガー・パク(チン・ソンギュ)、アプドン(ユ・ヘジン)は荒廃した地球を離れて宇宙のゴミ掃除で生活を維持する人物たちだ。宇宙を飛び回るが、毎日お金の心配で頭が痛い彼らに大量破壊兵器として知られる人間型ロボット“ドロシー”が転がり込んでくる。“ドロシー”を探すために宇宙全体は血眼になっており、勝利号の乗組員たちは“ドロシー”と巨額のお金を交換するために危険な取引に足を踏み入れることになる。ポスターを通じて公開された勝利号乗組員の姿は、ハリウッドで宇宙を飛び回ってきたスーパーヒーローたちとは違ってどこか親しみある姿で目を引く。宇宙のゴミを収集しながら生活費の心配をする生計型キャラクターらしい外見で簡単に共感できる設定を加えたチョ・ソンヒ監督のディテールが目立つ部分だ。

 

また、ポスターに登場した勝利号も滑らかで素早いハリウッド映画の宇宙船とは違って、粗悪で迫力ある生計型飛行を披露する勝利号の魅力をうかがわせる。

 

一方映画『勝利号』は、2月5日よりNetflixを通じて配信される。

 

 

 

写真提供:Netflix

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

 

 映画「勝利号」関連記事を読む

 

 ソン・ジュンギ関連商品を購入する

 ソン・ジュンギ関連記事を読む